【最新版】データで見るアメリカ小売ECの現状と可能性 

アメリカ小売EC

アメリカでビジネスを行なっている日本企業で特に小売業の場合、セレクトショップなどに商品を卸す、自社で直営店を運営する、オンラインで通信販売を行うなど、様々な方法でアメリカで物販を販売されているかと思います。

なかでも最も手軽にアメリカで事業を開始できることから、EC運営で売上の確保を狙っている日本企業も多いことでしょう。

この記事では、アメリカのEC事業で成功を収めるために知っておきたい情報をご紹介します。今後、アメリカで販路拡大を考えている場合ぜひご覧頂けたらと思います。

関連記事

近年、国内のEC市場は飽和状態で中小企業が新規参入した場合、大企業や老舗ECサイトには敵わない場合が多く見受けられます。仮にECに充てる予算が十分にあり、専門性の高いメンバーを集め、そのチームが一丸となれば、大企業や老舗ECサイトに[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

アメリカのEC業界の現状

アメリカでは新型コロナウィルス発生後にロックダウンで外出に規制がかかり、自由に買い物へ行けなくなってしまったことから、オンラインで買い物する人が急増したことがきっかけで、当時EC業界の売上が爆発的にアップしました。

アメリカでは通常の生活へと戻っておりますが、外出の規制がなくなった後もオンラインで買い物をする便利さに気づいた多くのアメリカに住む人々が、今もなお自ら好んで継続的にオンラインで買い物をするのでEC業界の売上は右肩上がりとなっています。

関連記事

現在、アメリカではオンラインショッピング業界が以前にも増して非常に盛り上がっています。新型コロナウィルス感染防止の為に実施されたロックダウンの影響から、外出制限が行われ、買い物に行く事もままらない状況が続きました。その際にオ[…]

日本企業がアメリカでEC事業をスタートさせる方法を詳しく解説

下記の表はアメリカの商務省が発表した、EC化率(全体の小売市場に占めるEC売上の割合)です。

出典:U.S Census Bureau

アメリカでEC運営する利点

アメリカのEC業界は2022年第2四半期は去年と比べて、7.3%成長したとアメリカ商務省より発表がありました。また小売業全体の売上は6.2%アップと新型コロナウィルス発生後はじめて、実店舗でも前年度の売上高を記録しました。

出典:Digital Commerce 360

新型コロナウィルスの影響で落ち込んだアメリカ消費者の購買欲でしたが、このデータでは以前のように商品購入の意欲が復活してきていることが伺えます。

出典:Digital Commerce 360

2020年第2四半期以降は、アメリカ国内で新型コロナウィルス感染者が爆発的に増え、ロックダウンなどの施策により実店舗で買い物が出来ない状況が続きました。実店舗で買い物が出来ない影響から、オンラインで買い物を行う人が急増し、EC業界の売上が爆発的に増えました。

2021年第2四半期以降は前年度の四半期に比べ、成長率は緩やかとなりましたが、それでも各期ごと常に成長をしている状態です。

世界のEC業界

グラフは2020年の国別のBtoC-EC市場規模トップ10を表したものである。中国が2兆2,970億USドル、続いて米国の7,945億 USドル、英国の1,804億USドルであった。


出典:令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)

アメリカのEC売上は中国に続いて世界2位を誇り、大きな市場であることがこちらの表からお分かり頂けるかと思います。

もし現在日本国内で競合と闘い業績が伸び悩んでいる、新たな市場を獲得したいと考えられている日本企業の場合、海外進出は確実に行って頂きたいアクションです。

なかでもアメリカは消費者の購買意欲が回復しており、現在の深刻な円安ドル高時に米ドルを獲得することができる市場ですので、アメリカ進出の機会を逃すわけにはいきません。

日本企業がアメリカで商品を販売する方法

それではどのようにしてアメリカで商品を販売すれば良いでしょうか?アメリカのECで商品を販売したい場合、AmazonWalmart, eBayなどのプラットフォームに商品を出品する方法と、ShopifyWixなどを用いて自社ECサイトを作成する2パターンが主流となります。

関連記事

アメリカを拠点とする日本企業がEC事業を始めるにあたっては、いくつかの方法があります。中でも、Amazon USでの販売はぜひ検討したい重要な選択肢です。今回の記事では、Amazon USについての基礎知識から販売開始に向けての手順[…]

日本企業のためのAmazon USの始め方
関連記事

コロナ禍以降、アメリカでは以前よりも増して「オンラインショップ(ECサイト)」を利用するユーザーが増えました。以前はECサイトを利用していなかったアメリカに住む多くの人々が、その便利さに気が付きEC業界が急成長している状態です。[…]

確実に売上を作りたい場合、Amazonへの出品と自社サイトでの販売の2つは必ず行って頂きたい施策です。

とはいえ、英語で契約や設定、出品などの細かい作業の全てを行う必要があり、アメリカでのビジネス経験がない場合、とてもハードルが高い作業となるでしょう。

そのようなシチュエーションでお悩みの場合、オンラインアシスタントを活用すれば良いでしょう。オンラインアシスタントは、リモートで必要に応じた必要な作業のみを担ってくれるサービスです。

業務委託を行うので人材を雇用せずに済み、大幅なコスト削減が可能となります。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

(日本ではオンラインアシスタントと呼ばれる場合が多いですが、アメリカではバーチャルアシスタントと呼ばれることが多いです。)

オンラインアシスタント/Emily

オンラインアシスタントは近年アメリカで主流なサービスですが、もちろん英語でのコミュニケーションが必須となります。

英語が堪能ではない場合、英語と日本語という言葉の壁が発生します。言語が原因でアシスタントとミスコミュニケーションが発生し、トラブルに繋がるケースもよくあると耳にします。

そんなトラブルを防ぐために、英語に不安がある企業におすすめなサービスが、日米バイリンガルが所属するオンラインアシスタント/Emilyです。

EC関連を得意とするバイリンガルのアシスタントが、日本企業に代わりアメリカECのサポートを行います。契約から初期設定までのセットアップから、商品登録・商品ページ作成、カスタマーサポートなど多岐に渡るEC関連の作業をサポートします。

アメリカ在住のアシスタントがサポートを行うので、現地時間で作業をすることが可能です。また時差がないので、アメリカのカスタマーをお待たせすることなく迅速な対応を行えるという利点があります。

Webサイトの制作を行って欲しい、繁忙期のみカスタマーサポートを増員したい、アメリカでのEC運営全てを丸投げしたい、など様々な状況にフレキシブルに対応できるサービスなので、気軽に業務委託することが可能です。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

Emilyオンラインアシスタント

まとめ

勢いがあり、成長を続けているアメリカのEC業界に進出するには、今が絶好のタイミングです。

アメリカでEC事業の展開を考えているけど、ハードルが高くなかなか足を踏み出せないと思っている企業や、足を踏み出したものの、何から手をつけていいか分からず踏み留まっている日本の中小企業の方々、ぜひ1日でも早くアクションを起こして頂きたいです。

成長を続けるアメリカEC業界の波に乗り、米ドルでの売上確保を達成しましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG