クラウドファンディングを活用したテストマーケティング戦略例

クラウドファンディングを活用したテストマーケティング戦略例

グローバルなクラウドファンディング市場は、年平均の成長率(CAGR)が10%以上とも言われており、急速な成長が見込まれています。2023年には約136億4000万ドルの市場規模を有していましたが、2030年には289億2000万ドルに拡大する見込みです。

クラウドファンディングを活用したテストマーケティングのさまざまな方法を試してみることで、製品やサービスがアメリカでどのように受け入れられるかを事前に把握することができます。

ここでは、アメリカ市場でのテストマーケティングの例やコツを解説します。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

クラウドファンディングを活用したテストマーケティング戦略の例

クラウドファンディングを活用したテストマーケティング戦略は、新製品のアメリカ市場の適応性を確認するための効果的な方法です。

対象ユーザーの調査

クラウドファンディングを成功させるためには、まず対象ユーザーを調査することが重要です。アメリカ市場の調査を行い、製品がどのような属性の消費者に受け入れられるかを分析します。

SurveyMonkey、Typeform、Google フォームなど、アメリカで使用されているオンラインツールを使用することで、年齢、性別、職業、趣味などの情報収集のほか、消費者のニーズ、購買動機、製品の機能やデザインなどについてもフィードバックを集めることができます。

ランディングページ(LP)の作成

ランディングページは、製品の魅力を伝え、ユーザーに行動を促すために大変重要なページとなります。シンプルなデザインにし、製品の特徴や魅力をわかりやすく伝えましょう。

さらに、アメリカ人のユーザーの質問に答えるFAQセクションを追加したり、Google Analytics、Facebook Pixelなどのツールを使用して、ランディングページの訪問者のトラフィック、コンバージョン、行動を追跡および測定することもできます。ランディングページの効果を最大化するためには、ABテストを行い、最適なバージョンを選定しましょう。

発売前にキャンペーンを実施

クラウドファンディングのキャンペーンを実施することで、アメリカの消費者の製品に対する期待、認知度、エンゲージメントを高めることができます。ソーシャルメディア、メールマーケティング、プレスリリース、インフルエンサーなど、様々なチャネルを活用して情報を拡散しましょう。

また、割引、ボーナス、紹介などのインセンティブを使用して、サインアップ、事前注文、紹介を促すこともできます。キャンペーンの成功には、継続的なコミュニケーションとエンゲージメントが重要です。支援者からのフィードバックを積極的に収集し、製品の改善に活かしましょう。

実用最小限の製品(MVP : Minimum Viable Product)でテストを実施

Kickstarter、Indiegogoなどのクラウドファンディングのプラットフォームを使用し、実用最小限の製品(MVP)を用いて、実際の支援者を対象にテストしてみましょう。必要最低限の機能を備えた製品であるMVPのユーザーを通じて得られるフィードバックを基に、製品の改善や新機能の追加を行います。これにより、アメリカで販売する最終的な製品に反映することができます。

関連記事

クラウドファンディングは新しい資金調達の方法であり、特にアメリカ市場ではその重要性が年々大きくなっています。中でもKickstarterやIndiegogoといったプラットフォームが注目を集めている理由や、日本企業がどのように活用で[…]

アメリカでクラウドファンディングを活用するには

他社・競合の分析

競合製品の成功要因や失敗原因を分析し、自社製品の戦略に反映させることは大切です。アメリカ市場の競合がどのようなマーケティング戦略を採用しているか、どのようなユーザー層にリーチしているかを把握することで、自社の戦略における強みや弱みを明確にします。また、競合製品のレビューやユーザーフィードバックを参考にし、製品の差別化ポイントを明確にすることも重要です。

クラウドファンディングで効果的なテストマーケティングを行うコツ

クラウドファンディングを活用したテストマーケティングを成功させるためには、以下の5つの観点が重要です。

心に響くストーリーの紹介

製品の背景や開発の経緯、解決する問題、提供するメリットを簡潔に伝えることが大切です。心に響くストーリーによって、アメリカの消費者とのつながりを深め、プロジェクトを応援したいという気持ちを掘り起こすことができます。

視覚に訴えるビジュアル

30秒から1分程度の短いプレゼンテーション動画や画像を使って、アメリカの消費者へ製品を魅力的に紹介してみましょう。ビジュアルコンテンツはテキストよりも効果的で、製品の特長や使い方を直感的に伝えることができます。

期間限定オファー

特別価格や期間限定の特典を提供することで、アメリカの消費者の購入意識を高めることができ、迅速な資金調達につながります。

支援者のコミュニティを構築

最新情報の提供、コメントへの対応、ソーシャルメディアでの交流を通じて、プロジェクトへの信頼と共感を高めていきましょう。これにより、支援者自身がプロジェクトの一員であるように感じられるため、さらなる支援や宣伝に繋がります。

透明性

開発プロセスや課題、資金の使い道についてオープンにすることで、アメリカの支援者の信頼を得ることができます。リスクや課題についても正直に共有し、解決策を提示することが信頼構築に繋がります。支援者がプロジェクトの進行状況を常に把握できるように、定期的なアップデートを提供することが大切です​。

 

これらの戦略を組み合わせることで、アメリカのクラウドファンディングキャンペーンの成功率を大幅に高めることができます。重要なのは、単に資金を集めるだけでなく、プロジェクトに共感し支援を継続してくれるコミュニティを築くことです。

関連記事

多様な文化があり、日本とは異なるニーズやトレンドが存在するアメリカ市場で、自社の製品やサービスが本当に受け入れられるのかとお悩みの日本企業も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、クラウドファンディングを活用したテストマ[…]

クラウドファンディングを活用した アメリカ市場でのテストマーケティング

オンラインアシスタント/Emily.

オンラインアシスタント/Emily.では、日米バイリンガルのアシスタントが、ページ制作からアカウント運用、カスタマーサポート、外部施策まで、クラウドファンディングキャンペーンの全工程をワンストップでサポートします。

所属するアシスタントは、日本企業での勤務経験が豊富で、日本の文化や商習慣に精通しているため、スムーズなコミュニケーションが可能です。

実際に、日本企業のコーヒーメーカーのテストマーケティングを、アメリカのKickstarterで実施した事例では、オンラインアシスタント/Emily.がクラウドファンディングキャンペーンの全工程を一貫してサポートし、最終的に150名以上の支援者を集め、目標金額の250%を達成することができました。

まとめ

この記事では、クラウドファンディングを活用し、アメリカ市場のテストマーケティングを行う方法をご紹介しました。

アメリカ市場での効果的なテストマーケティングの例として、対象ユーザーの調査、魅力的なランディングページの作成、発売前のキャンペーン実施、MVP(実用最小限の製品)でのテスト、競合分析などがあります。特に、心に響くストーリーや視覚に訴えるビジュアルを用いることで支援者の興味を引き、透明性の高い情報共有とコミュニティ構築により、支援者の信頼と共感を得ることができます。

日米の文化や商習慣の違い、言語の壁、またクラウドファンディングプラットフォームの契約や初期設定、Webページの作成など、初めての方には難しく感じるかもしれませんが、市場調査としても活用できます。これらの要素を組み合わせ、支援者を増やしアメリカ市場での成功を目指していきましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG