【米国EC攻略ガイド】ShopifyでECサイトを出店する流れ

EC専門知識に自信がない方でも手軽にECサイトを構築できることから人気を集めているShopifyですが、具体的にどのような流れを経てECサイトを出店するか、皆さんはご存じでしょうか。今回はShopifyでECサイトを出店する際の流れや手続きについて解説していこうと思います。本記事を通して、ECサイト出店に向けたイメージをより鮮明なものにしていただけたらと思います。

ShopifyでECサイトを出店する際の大まかな流れ

初めに、ECサイトをShopifyで出店する際の大まかな流れを確認しておきましょう。

  1. 初期設定:メールアドレスやパスワード等、事業者の基本情報を設定します。
  2. 商品の出品:商品名や商品説明、商品画像、価格などに加え、在庫管理に関する設定も行います。
  3. 配送方法の設定:配送エリアや送料、パッケージ(包装)を何にするかを設定します。
  4. 決済方法の設定:利用できる決済方法を設定します。

以上が大まかな流れとなります。

それぞれのステップについて、もう少し詳細な解説を以下で行います。気になる部分だけでも目を通していただけたらと思います。

①初期設定について

まずShopify公式サイトのトップページにて、メールアドレスを入力後、「今すぐはじめる」をクリックします。次いで、メールアドレス、パスワード、ECストアの名前、ストアURLを入力し、「ストアを開く」をクリックしましょう。最後にストアの住所を設定します。名前、住所、電話番号など必須項目を入力し、「ストアを作成する」をクリックし、「Shopifyへようこそ」の画面が現れたら初期設定は完了です。初期設定時に登録したメールアドレスへShopifyでストアを出店した旨を知らせる確認メールが届きますので、認証を忘れずに行うよう注意しましょう。

※設定完了時点より14日間は無料トライアル期間になります。Shopifyを実際に利用してみた結果、利用を取りやめたくなった場合はこの期間内に解約の手続きを行うと、利用料金は発生しませんので、14日間という期間を頭の片隅に留めておくようにしましょう。

②商品の出品について

Shopify管理画面の左側にある「商品管理」、続いて「すべての商品」をクリックすると、販売する商品を登録する画面が表示されます。タイトル欄には商品名を、説明欄には商品説明を入力しましょう。商品説明欄では表やリンクの挿入、文字装飾など様々なカスタマイズ機能が用意されていますので、EC初心者の方でも気軽にECサイトにアレンジを加えることができます。もちろんHTML等の専門知識を持っている方はより幅広いアレンジを加えることができるので是非お試しください。

画像欄、価格欄も漏れのないよう挿入、入力しましょう。画像欄では複数の画像を挿入することができます。複数の画像を挿入しそれぞれが何の画像かを説明したい場合は、画像をクリックすることで表示される「代替テキストを追加する」から画像説明文を入力しましょう。挿入する画像の枚数についてですが、画像が多すぎると消費者がすべての画像に目を通すのに時間がかかってしまい、また少なすぎると具体的な商品イメージを持つことができないとして購入を見送られてしまうので、それらを考慮して適切な枚数の画像を挿入するようにしましょう。

在庫欄にはSKU(在庫管理を行うときの最小単位)、在庫数、バーコードなど必要があるものを入力してください。配送欄では、配送が必要な商品なのか否か、必要な場合はどの程度の重量の商品なのかを入力しましょう。

ここまで入力を終えたら、「商品を保存する」をクリックして、商品の出品は完了です。

③配送方法の設定

Shopify管理画面の左下にある「設定」、続いて「配送設定」をクリックすることで表示される配送設定画面にて配送に関する情報を入力します。発送元欄では発送元住所が設定可能です。デフォルトでは初期設定時に設定した住所が登録されていますので、もし発送元住所が初期設定時の住所と異なる場合は、正しい住所へと変更することを忘れないようにしましょう。配送エリア欄では対象とする配送エリアや送料を設定することができます。戦略に応じて、適切な配送エリア、送料を設定するようにしましょう。パッケージ欄では出荷に用いる箱に関する設定が可能です。パッケージに用いる箱のサイズや重さなどを登録しておきましょう。明細表欄では明細表に関する設定が可能です。

④決済方法の設定

Shopify管理画面の左下にある「設定」、続いて「決済設定」をクリックすることで表示される決済設定画面にて各種決済方法に関する情報を入力します。この際、Shopifyが提供しているShopify Paymentというサービスを利用すると、お得に事業を展開することができます。詳しい説明は省略しますが、Shopify Paymentを利用しない場合は、利用している料金プランに応じて追加の手数料(0.5~2%)がかかる仕組みになっています。

まとめ

今回はShopifyでECサイトを出店する際の流れについて紹介しました。ECサイト出店に向けた具体的な流れをイメージしていただけていれば幸いです。また、実際にShopifyを利用してECサイトを構築することになった際には今回の記事を参考にしていただければと思います。

 

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG