アメリカでソーシャルメディア戦略を立てるための手順

アメリカソーシャルメディア戦略

アメリカでビジネスを行う場合、ソーシャルメディアを用いたマーケティング活動は必須だと考えられています。

日本の中小企業や個人でアメリカ市場向けのビジネスを運営している場合、十分な予算や人的リソース不足によりマーケティングに手が回らない場合が多く見られます。

そのような日本企業にぴったりなマーケティング方法がソーシャルメディアの活用です。

とはいえ、ただ闇雲にSNSプラットフォームに投稿をするのでは十分なエンゲージメントを得ることはできません。

各SNSの特性を理解しその特性に沿ったコンテンツを投稿する必要があります。

まずはじめに、各SNSのアメリカでの特徴・特性を理解し、その次に各SNSに見合う戦略を考えましょう。

この記事では、ソーシャルメディア戦略の組み立て方についての各手順をご紹介しています。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、SNS(ソーシャルメディア)プラットフォームでの潜在顧客に対するアプローチが重要だと言えます。各SNSを利用するユーザー層や利用目的、好まれるコンテンツに異なりが生じるため、そのSNSに相応しい内容を投[…]

SNSプラットフォーム比較
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

目的とゴールを明確にする

どのような目的でSNSを利用するのか、例えばブランドの認知、売上アップ、コミュニティエンゲージメントの向上など、自社が思い描く目標をはっきりとさせましょう。

ここで注意が必要なのが、全ての目標を一つのプラットフォームで達成しようとしないことです。

多くの目的を一つのプラットフォームで達成しようとすると、伝えたいことやアピールすることが多くなってしまい、コンテンツ量が増える結果、結局何を伝えたかったのかよく分からないアカウントになってしまいます。

自社で定めた目的やゴールに適切なプラットフォームを選択し、そのフラットフォームに適したコンテンツを作成することで高いエンゲージメントを得ることができるようになります。

関連記事

SNSは現代のあらゆるビジネスにおいて非常に重要な役割を果たしており、アメリカ市場でもその影響力がますます高まっています。しかし、アメリカ市場向けのSNSコンテンツを作成する際には、日本市場との違いも多くあるため、いくつかのポイント[…]

SNSコンテンツ作成のポイント

オーディエンスを理解する

各SNSのこれまでの分析データをもとに、オーディエンスのデモグラフィックや指向性を理解しましょう。

また、自社ブランドや商材の顧客に対してのアンケートやインタビューなどを行うと、ユーザーが求めるものが明確となり、今後の商品開発やカスタマーサービス、マーケティングなどの参考にもなります。

対象とするオーディエンスにより、適切なSNSプラットフォームや、コンテンツ内容、アプローチ方法が異なるということも念頭に置きましょう。

自社が対象とするオーディエンスについて理解していないと、発信するコンテンツとオーディエンスが求めるコンテンツとの間にずれが発生します。

オーディエンスに共感を得てもらえない場合、人々の目に留まらないコンテンツとなりエンゲージメントが伸びず、せっかく時間を割いて作成したコンテンツが無意味なものとなってしまいます。

自社・競合他社の比較と分析

自社がSNSに投稿したコンテンツについて、過去のデータを用いて結果を分析しましょう。

競合にあたる企業やブランドがSNSでどのような戦略をしているのか、成功例と失敗例をリサーチし、どうして成功・失敗したのか分析し、自社のSNS運用に役立てましょう。

自社ブランドの優位性をしっかり理解した上で、どのように差別化させるかの戦略を分析結果をもとに組み立てましょう。

アメリカの大手企業と同じ施策を行っても勝算は少ないですが、大手大企業とアプローチ方法を変え適切な戦略が立れることができれば、日本企業でも十分にアメリカで成功させられる可能性があります。

莫大な費用を費やしInstagramなどでインフルエンサーとコラボ投稿をしている大手企業が売上を獲得している印象が強いですが、莫大な費用を費やさずに、自社のターゲットに合うTikTokのトレンドなどを正しく活用できていれば、SNSでのコンバージョンの目的達成する可能性が十分にあるといえます。

関連記事

アメリカでビジネス拡大を図る場合、必須となるのが【ソーシャルメディア・マーケティング】、いわゆるSNSマーケティングです。ソーシャルメディアは費用対効果が高く、コツやポイントさえ掴めば売上に繋がるので、ぜひ取り入れたいマーケティング[…]

アメリカでのSNSマーケティング

コンテンツピラーの作成

各SNSプラットフォームで投稿するコンテンツの種類を戦略的に決める必要があります。

ブランドや商材が得意とするコンテンツや専門性に長けたコンテンツを発信することで、 オーディエンスがソーシャルメディアから受け取りたい情報を的確に伝え、ブランドや商材に対しての関心が高まります。

オーディエンスに人気の投稿、反応が良い投稿、コンバージョンが高い投稿など、自社アカウントを分析し、そのデータをもとにそれぞれの種類の投稿を月の中でどれぐらいの割合で投稿するのかコンテンツの種類や割合を設定しましょう。

  • ノウハウ系、楽しみながらも役に立つような情報をシェアする投稿
  • トレンド投稿
  • 商品紹介など広告っぽくないブランドの裏側やバックグラウンドが見える投稿
  • UGCの活用
  • 質問の投げかけ、アンケート、オーディエンスが参加できる投稿

思いつきによるランダムなコンテンツを発信するよりも、戦略的・意図的にスケジュールを立て、コンテンツを作成・投稿することで、先々の振り返り、改善にも役立ちます。

コンテンツカレンダーの作成

コンテンツピラーをもとに、月ごとにソーシャルメディア・コンテンツカレンダーを作成し、具体的なスケジュールとコンテンツアイデアを整理・決定しましょう。

投稿する曜日や時間など、オーディエンスのタイプを意識して、投稿タイミングを意図的に決めると良いでしょう。

一般的なアメリカにおけるソーシャルメディアカレンダーを参考にして、シーズンや行事にも関連づけた投稿をしていくとオーディエンスが興味を示しやすいでしょう。

定期的、継続的に投稿を続けていくことが最も大切なので、事前にスケジュールを組み、それに間に合うようにコンテンツ作成を行なっていくことで、今後の改善に役立つデータを正しく取得することにも繋がります。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっており、マーケティング戦略を立てている場合、年間を通したイベント行事を把握する必要があります。シーズンや月ごとのアメリカでのイベント行事や祝日などを抑えたマーケティングを行うことで、アメリカのビジネスで良い[…]

アメリカのイベント行事を把握してマーケティング戦略を立てよう

ブランドとしてエンゲージメントの計画を立てる

ブランドや商材の投稿内でのオーディエンス同士でのエンゲージメントを上げることも重要ですが、それだけではなくブランド自身が、他のユーザーに対してエンゲージメントを行うことも重要だと言えます。

例えば、ブランドについて投稿してくれたUGCへのlikeやshare、可能であればブランド公式としてコメントを残すことが理想的です。

SNS担当者やスケジュールを明確にし、戦略的に上記の作業を行うことで、着実にブランドにファンがついてくるでしょう。

結果の計測・分析・改善計画

効果的なソーシャルメディア・コンテンツ戦略の最後のステップは結果を測定することです。

アカウントの運営を長続きさせるための戦略を立てるには、設定した目的やゴールに沿った適切なトラッキングが必須だと言えます。

詳細な指標を保つことは、SNS運用しながら結果に基づいて微調整・改善し、最適化することに役立ちますので、結果の測定、分析・改善はかならず行いましょう。

関連記事

アメリカでビジネス拡大を図る場合、必須となるのが【ソーシャルメディア・マーケティング】、いわゆるSNSマーケティングです。ソーシャルメディアは費用対効果が高く、コツやポイントさえ掴めば売上に繋がるので、ぜひ取り入れたいマーケティング[…]

アメリカでのSNSマーケティング

オンラインアシスタント/Emily

これまでソーシャルメディアの戦略についてご紹介しましたが、自社でSNSの運用が難しい場合、オンラインアシスタントを利用すると良いでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日米バイリンガルがさまざまな業務を請け負います。

ソーシャルメディアマーケティング全体の戦略策定サポートや実際の運用のサポートなど、アメリカでのマーケティングに必要な多岐にわたるタスクのサポートが可能です。

ソーシャルメディア戦略の組み立てのみ、運用のマニュアル作成などの短期的なサポートから、毎月のデータ分析・改善のレポート作成、運用における全ての業務など長期的なサポートまで、フレキシブルな対応ができるため、人手や時間が足りずに困っているアメリカ市場向けビジネスのチームや担当者の方にピッタリです。

まとめ

ソーシャルメディア戦略の組み立て方についてご紹介しました。

SNS運用は作業が多く、日常的に更新が必要となり、業務時間や人的リソース不足の場合、後回しになりがちな施策となります。

ですがアメリカでビジネスを行う際、ソーシャルメディアでのマーケティングは必須だと言われていますので、必ず運用しましょう。

自社でのSNS運用が難しい場合、オンラインアシスタントに業務委託すると良いでしょう。

ソーシャルメディアを上手に活用し、ブランドや商材の認知、売上アップを目指しましょう。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG