アメリカ市場に向けたSNSコンテンツ作成の効果的なポイント

SNSコンテンツ作成のポイント

SNSは現代のあらゆるビジネスにおいて非常に重要な役割を果たしており、アメリカ市場でもその影響力がますます高まっています。

しかし、アメリカ市場向けのSNSコンテンツを作成する際には、日本市場との違いも多くあるため、いくつかのポイントを押さえておく必要があるでしょう。

この記事では、アメリカ市場に向けたSNSコンテンツ作りの成功法則と効果的なポイントについて詳しく解説します。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

アメリカでのSNS運用で難しい点

日本でSNS運用経験があったとしても、海外に市場が変われば一筋縄ではいきません。

まずは、よくある課題やどのような要因でアメリカでのSNS運用が難しいのかを確認してみましょう。

ターゲットオーディエンスの理解

アメリカ市場は多様性に富んでおり、様々な人々が存在します。

文化的、言語的な面からアプローチやウケるものが違うため、日本と同じようにはいきません。

そのため、SNSコンテンツ作りの際に重要なのは、ターゲットオーディエンスの属性や嗜好を正確に把握することが不可欠です。

調査やデータ分析を通じて、ターゲットオーディエンスのニーズや関心事を把握しましょう。

文化や風習の理解・適応

異なる市場では、文化や風習が大きく異なる場合があります。

そのため、まずは対象市場の文化や風習を理解しましょう。

アメリカの価値観や習慣に基づいたコンテンツを提供することで、受け入れられやすくなります。

スラングや表現方法にも注意し、自然でブランドのイメージに合ったコミュニケーションを心掛けましょう。

移り変わるトレンドやイベント、世の中の流れについていく

アメリカで今起こっていることや一般的なイベント、あるいはトレンドについてもしっかり抑えておく必要があります。

特に現代のアメリカでは、日本と比較しても社会問題に対して敏感な消費者も多くいるため、時代背景にそぐわないようなトピックや発言などをしてしまうことは、アメリカでビジネスを成功させるために絶対に避けたい事柄でしょう。

また、コンテンツが古臭くならないようにアメリカ全体や世代ごと、地域ごと、業界ごとなどの日々のトレンドの移り変わりにアンテナを張っておきましょう。

関連記事

アメリカでのSNSの活用は、現地で活動する日本企業にとって重要課題です。しかし、「何から手をつけていいのかわからない」「人員不足で手が回らない」などと、頭痛の種になることが少なくありません。この記事では、アメリカでのSNS運用の重要[…]

アメリカでの日本企業のSNS運用

アメリカ市場でのSNSコンテンツ作りのポイント

上記の課題をクリアした上で、おさえておきたいアメリカ市場でのSNSコンテンツ作りのポイントを紹介していきます。

1.プラットフォームごとのオーディエンスを知る

Instagram, Twitter, LinkedIn, Pinterest, Facebook, TikTokなど、それぞれのSNSプラットフォームごとに機能の仕方やメインオーディエンスが異なります。

アメリカ市場の特徴を把握した上で、それぞれの機能の特徴や主要オーディエンスを理解して、コンテンツを作成することが大切です。

できれば同じトピックでもプラットフォームごとに適応させて作り分けるのが理想的でしょう。プラットフォームごとのトレンドなど、最新の情報を追っておくこともおすすめします。

また、アメリカ市場では、ユーザーとの対話や参加型コンテンツなどエンゲージメントを重要視するコンテンツが効果的な場合が多く見られます。

特にTiktokやInstagram Reelsのようなショート動画コンテンツでは、そのアルゴリズムによりエンゲージメントが高い投稿やアカウントが多くのオーディエンスにリーチできたりもするようです。

エンゲージメントを促進させるためにも、各プラットフォームの特徴や主要オーディエンス、トレンドなどをおさえておく必要があります。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、SNS(ソーシャルメディア)プラットフォームでの潜在顧客に対するアプローチが重要だと言えます。各SNSを利用するユーザー層や利用目的、好まれるコンテンツに異なりが生じるため、そのSNSに相応しい内容を投[…]

SNSプラットフォーム比較

2.質の高いクリエイティブなアプローチを行う

ビジュアルを改善してエンゲージメントを高める

SNSコンテンツの質を高めるためには、クリエイティブなアプローチを取ることが重要です。
SNS上には情報が溢れているため、ターゲットの目を引くコンテンツを作成する必要があります。

言うまでもなく、ソーシャルメディアで共有するすべてのビジュアルコンテンツは高品質である必要があります。視覚的にアピールできる要素や、ストーリー性を意識してを取り入れることで、ユーザーの関心を引きつけることができます。

もちろん、アメリカの文化やトレンドに敏感であることも重要です。

統一性を持たせるためにクリエイティブガイドラインを作る

SNSにおける投稿を一目でそのブランドのものだと認識しやすくするには、オンラインでブランドのイメージを統一させる必要があります。

ブランドイメージをSNSの投稿に反映させるためには、ブランドのシグニチャーカラーやフォントなどすべてのブランディング要素を統一させましょう。

一貫したブランドイメージを反映させるためにも、ブランディングのルールや目指したいイメージなどをまとめたブランドのクリエイティブガイドラインを作っておくのがおすすめです。

3.効果につながるコピーを作成する

ポイントをおさえて短くする

SNSの投稿をじっくりと読み込む人はどれぐらいいるのでしょうか?

SNS全体の特徴として、ユーザーはビジュアル重視で情報を理解する傾向にあります。またユーザーの導線としても、サッと目を通したらすぐに次の投稿などに目線や興味が移ってしまうため、長すぎたり、わかりづらいコピーはオーディエンスに響きません。

伝えたいポイントをおさえて、短くまとめるのがベストでしょう。

プラットフォームごとに適切な字数や機能の仕方も違うため、それぞれに適応させてください。

読み手の注意をひくフレーズから始める

投稿を読み進めてもらい、アピールポイントを伝えるために、オーディエンスの心をぐっと掴むフレーズを最初に入れることが重要です。

  • 大胆なメッセージ(話題のトピックについて、大胆な発言やユニークな視点を提供するなど)
  • 質問の投げかけ(思い込みを覆す、あるいは好奇心を刺激するような質問をするなど)
  • 驚くべき事実(統計データや意外な事実を使うなど)

などがその例です。

トーンを揃える

コピーに使用する言葉遣いや表現、絵文字などはブランドのイメージに直結するので、必ずまとまりのあるトーンを意識して作りましょう。

これもブランドのクリエイティブガイドラインに含めておくのがおすすめです。

質問の投げかけを入れる

投稿のエンゲージメントを高めるために、質問を投げかけるのも一つの手です。

オーディエンスの感情に投げかけるワードのチョイスで、親近感を感じるような質問を投げかけることで、オーディエンスとブランド、あるいはオーディエンス同士でも会話を発生させることができます。

CTAで誘導する

CTAとは、Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、「行動喚起」と訳され、投稿を見た人を具体的な行動に誘導するために用いられる文や画像のことです。

例えば、YouTubeだと、

  • 関連動画へ誘導してさらにコンテンツを見てもらう
  • チャンネル登録(サブスクライブ)やいいねを促してファンを獲得する

Instagram投稿だと、

  • ユーザーの「いいね!」や「保存」を促す画像
  • 画像右下の保存ボタン(リボンマーク)の部分にも矢印

Instagramでは、いいね!や保存といったエンゲージメントが多い投稿を他のユーザーにおすすめ表示させるようなアルゴリズムが導入されているため、ユーザーにエンゲージメントを促すアイデアは効果的です。

多くの場合はボタンの形で使われますが、どれもこちらが取ってほしい目的のアクションをしてもらうようにユーザーを誘導しています。

買い物をしているときに「こちらも人気でおすすめです」と紹介されるとついついその商品も見てしまい、いつの間にか買い物の量が増えていたなんてことも良くある話ですよね。

関連記事

日本企業がアメリカでビジネスを行う際、サービスやブランド、商品などについて日本語から英語に翻訳することが必須となります。なかでもコピーライティングを英語で考えることは、非常に難しい作業となります。日本語で考えたコピーライティ[…]

copy writing

4.戦略的なハッシュタグの活用

人気のあるハッシュタグの活用

戦略的なハッシュタグの使用はSNS運用では必須です。

プラットフォーム上で人気のあるハッシュタグを調べ、関連性の高いハッシュタグを投稿に組み込みましょう。

これにより、そのハッシュタグをつけた投稿が更に広い層の人々にリーチし、エンゲージメントが増える可能性があります。

ブランドやキャンペーンに関連するハッシュタグの作成

ブランドやキャンペーン固有のハッシュタグを作成し、フォロワーや顧客にそのハッシュタグを使用するよう促しましょう。

そうすることでブランドに関心を持つ人々が集まり、コミュニティの形成やブランドへの関与が高まります。

地域やイベントに関連するハッシュタグの活用

地域や特定のイベントに関連するハッシュタグを使用することで、その地域やイベントに関心を持つ人々からの注目を集めることができます。

地域やイベントの特徴や関連するキーワードをハッシュタグに組み込むことで、より多くの関連ユーザーにアクセスできるでしょう。

関連記事

アメリカでのビジネスを展開する上で、ブランドや商品の認知・売上拡大のためにソーシャルメディアは重要な役割を担います。ソーシャルメディアを活用することで、既存のユーザーと円滑なコミュニケーションを取ることが可能となったり、新規ユーザー[…]

5.トレンドに敏感になる

プラットフォーム上でのトレンドや話題のハッシュタグを把握し、それらを自身の投稿に取り入れることで、より多くの人々が関心を持つ可能性があります。

例えば、TikTokでは『トレンド』の投稿や動画に使用するサウンドやエフェクトの移り変わりが激しくみられるため、アメリカでTikTokを利用している人だけがわかるワードやジョークなども数多くあるのが事実です。

インフルエンサーや業界関係者のハッシュタグの活用

自身の投稿に、関連業界のインフルエンサーや関係者が使用しているハッシュタグを取り入れることで、関連するコミュニティやフォロワーからの注目を引くことができます。

ためになるユニークな情報を発信する

TikTokではコメントへの回答を新しい投稿として作る、インスタグラムではQ&Aへの回答をするなど、それぞれのSNSを上手く使い分けて、オーディエンスにとって有益な情報を提供することを心がけることで、フォロワーを増やしたり、アカウントの再訪問者を増やすことができます。

リーチの多かったブログ記事の内容をInstagram ReelsやTikTokビデオなどでコンテンツ化するなど、エンゲージメントが高かったコンテンツを上手に使いまわして、オーディエンスが何度も訪れるような効率的なSNS運用を目指しましょう。

関連記事

アメリカでビジネス拡大を図る場合、必須となるのが【ソーシャルメディア・マーケティング】、いわゆるSNSマーケティングです。ソーシャルメディアは費用対効果が高く、コツやポイントさえ掴めば売上に繋がるので、ぜひ取り入れたいマーケティング[…]

アメリカでのSNSマーケティング

SNS運用サポートにはオンラインアシスタントがオススメ!

数多くあるSNSをそれぞれのポイントをおさえながら効果的に運用していくのは至難の業。そんな時に頼りになるのがSNS運用サポートも全て任せられるオンラインアシスタント/Emilyです。

北米在住で、日英バイリンガルのアシスタントで構成されたチームが、SNSの戦略作りから実際の運用、データの分析や改善提案まで、一貫したアメリカでのSNS運用サポートを行うことができます。

関連記事

アメリカで会社の業績をあげるために不可欠なマーケティングチーム。オンラインアシスタントを活用すれば、「人手不足でコア業務に十分な時間を投入できない」「ツールの管理に手間を取られすぎる」などの課題を解決できます。この記事では、オンラインア[…]

まとめ

この記事では、アメリカ市場に向けたSNSコンテンツ作りの成功法則と効果的なポイントについて詳しく解説しました。

効果的なポイントを押さえて、アメリカ市場向けのSNSコンテンツを作成するコツを身につけていきましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG