海外送金サービスPayoneer(ぺイオニア)の特徴と日本企業におすすめな理由

ペイオニア送金サービス

アメリカでビジネスを展開する日本企業にとって、アメリカドルを日本円で受け取るために国際送金サービスの利用が必要となります。

近年では銀行での手続きの他にも様々な送金サービスが存在しますが、換金レートや手数料、上限金額など、各送金サービスごとに料金が大幅に異なり、合計手数料のシミュレーションが難しく感じてしまう場合が多いでしょう。

そのため、どの送金サービスを利用するのか悩まれている日本企業も多く、用途に合わせ複数の送金サービスを使い分け管理に困っている場合もあります。

そのような日本企業におすすめなのがPayoneer(ぺイオニア)という便利な送金サービスです。

この記事ではPayoneer(ぺイオニア)について、基本情報や概要についてご紹介します。

関連記事

ビジネスを行う際に、タスクやプロジェクト管理、社内コミュニケーション、スケジュール管理などを、ツールやアプリなどを利用して簡潔化したいと考えている方も多いことでしょう。とはいえ、どのようなツールやアプリ、プラットフォームを利用すれば[…]

アメリカでのビジネスにおすすめなツールやアプリ
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

Payoneer(ぺイオニア)とは

基本情報

Payoneer(ぺイオニア)は2005年に設立されたアメリカのニューヨークに本社を置く、オンライン送金、デジタル決済サービスを提供し、顧客に運転資金を提供するアメリカの金融サービス会社です。

会社について

国境を越えた電信送金、オンライン決済、補充可能なデビットカードサービスにより、200の国と地域、150以上の現地通貨で国境を越えた取引を提供しています。Airbnb、Amazon、Google、Upworkなどの企業は、Payoneer(ぺイオニア)を使って世界中に大量の支払いを行っています。

また、楽天、ウォルマート、Wish.comなどのeコマースマーケットプレイス、FiverrやEnvatoなどのフリーランスマーケットプレイスでも利用されており、広告ネットワークと連携して、これらの企業と本社国以外に拠点を置くパブリッシャーを結びつけています。

サービスの概要

Payoneer(ぺイオニア)は、国内で取引しているかのように簡単に利用でき、海外商取引での代金を外貨で受取るのための複数通貨対応アカウントを提供しています。

Payoneer(ぺイオニア)は70の言語で400万人の顧客をサポートし、150の異なる通貨の取引を行っています。

特徴

Payoneer(ぺイオニア)は、多くの越境EC事業者に外貨代金の受取・取引先への支払い手段として利用可能。Payoneerアカウントは海外Amazonをはじめ、海外マーケットプレイスでビジネスを展開する多くのセラーに、日本にいながら現地にいるかのような手軽さで、スピーディかつ低コストの取引を可能にするサービスを提供しています。

海外企業との外貨決済取引には、海外銀行口座の開設や、そのための現地法人の設立などが必要な場合が大半ですが、Payoneerのグローバル決済サービスなら、複雑な手続き無しで、自社名義のオンラインアカウントを提供しています。

海外からスピーディーかつ低コスト、そして安全に外貨代金を受取ることが可能。また海外取引先からの入金は国内振込で完了することができ、Payoneerアカウントからの出金は最短1営業日です。

なぜPayoneerが便利なのか

アメリカでビジネスを行う際には、アメリカ現地の銀行口座の開設が必須となります。

ですがアメリカ法人がない場合や、アメリカ現地に在住・長期滞在する人物がいない場合、アメリカの銀行口座開設は行えません。

アメリカの銀行口座がないと、もちろんアメリカでビジネスを行うことができません。

ですがPayoneer(ぺイオニア)では、アメリカに住んでいない場合でもバーチャルにPayoneer(ぺイオニア)上にアメリカの銀行口座を開設することが実現します。

Payoneer(ぺイオニア)に入金されたアメリカドルを日本の銀行に送金する際の手数料は最大2%で、送金に要する日数は最短で1営業日と、手数料の安さと送金日数の短さは業界トップクラスです。

またアメリカと日本間だけではなく、ヨーロッパ、オーストラリア、香港、オーストラリア、カナダ、シンガポールなど世界150ヶ国以上で利用することが可能です。

複数の国でビジネスを行ってる場合でも、一つのサービスで管理できるのも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

Payoneer(ぺイオニア)は日本法人もあるので、日本語のWebサイト、カスタマーサービスを提供しており、不明な点やトラブルがあれば日本語ですぐに問い合わせすることができるので、外国語に不安を抱く必要もありません。

Payoneerと他の送金手段の比較

それでは実際にどれほど送金の手数料やレート、合計金額に変化があるか比較していきましょう。

5,oooドルを日本円に送金した場合(1ドル145円時)は下記のようになります。※当社調べ

送金手数料(ドル)レート(ドル)送金額(円)
Payoneer0ドル145ドル714,476円
某銀行40ドル143ドル705,415円
PayPal4.99ドル139ドル697,294円

5,oooドルで比較しましたが、金額が増加するとさらに送金金額に差が開いていきます。

Payoneer(ぺイオニア)は手数料最大2%のみかつ高レートなため、手数料を抑えアメリカドルから日本円へ送金することが実現します。

慢性的な円安が続くので、外貨を獲得する際に手数料や低レートにより、無駄なコストを抑えましょう。

まとめ

海外送金サービスPayoneer(ぺイオニア)の基本情報や概要などについてご紹介しました。

アメリカを含む海外でビジネス展開を行う場合、現地の銀行口座開設が最初の壁となるでしょう。

アメリカの場合、特にルールが厳しく在住もしくは長期滞在者でなくては銀行口座を開設できず、ビジネスチャンスを失わないためにもPayoneer(ぺイオニア)で口座開設しましょう

さらに送金手数料も低く、日本語対応の企業なので英語で問い合わせや慣れない作業を行う必要もありません。

もう少し詳しい情報を知りたい場合や、契約や初期設定が分からない場合、日々の入出金の確認や経理に不安がある場合など、オンラインアシスタントに業務委託することをおすすめします。

オンラインアシスタント/Emilyはアメリカの日系企業で、日本企業のアメリカ進出をサポートしています。

アメリカ進出の初期サポートや、ビジネス運用の長期的なサポート、カスタマーサービス代行、マーケティング、EC運営、SNS運用、市場調査など、アメリカでビジネスを行う際に必要な作業の短期的な業務から、長期的な業務までアメリカ現地のパートナーとしてフレキシブルな対応をしています。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG