経理部門のコア業務とノンコア業務:業務効率化と成長戦略

経理部門のコア業務、ノンコア業務

アメリカにおける日本企業の経理業務は、日本とは異なる税制度や法的規制、ビジネス文化の違いなどを考慮する必要があり、様々な環境要因が経理業務に影響を与えます。その経理部門の業務は、大きくコア業務とノンコア業務に分けることができます。

コア業務は、資金管理や税務管理などに関わり、会社の財政状況の最適化や発展に直接貢献する業務です。一方で、ノンコア業務は、日常的な支払い処理や経費精算に関わる業務であり、効率的にアウトソーシングすることができます。

この記事では、アメリカの日本企業がオンラインアシスタント/Emily.に依頼できる経理業務やメリットなどについてご紹介します。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

経理部門のコア業務

財務報告と監査対応

経理部門は、企業の財務状況を正確に報告し、外部監査や規制当局との対応を行います。これには、財務諸表の作成や監査報告書の準備が含まれます。アメリカのビジネス環境では、法的規制やコンプライアンスに対する厳格な要求があります。

特に金融や経理の分野では、SEC(米国証券取引委員会)やFASB(米国会計基準委員会)などの規制に準拠する必要があります。これらの規制に適合するためには、専門家のアドバイスや適切な内部統制の構築が必要です。

予算策定と管理

アメリカでの事業展開においては、予算策定と管理が重要です。経理部門は、予算の立案、監視、調整を行い、会社の財政状況を最適化します。

税務管理

アメリカの税法の遵守と効率的な税務計画は、アメリカにおける日本企業の成長戦略において不可欠です。経理部門は、税務申告書の作成や税務調査への対応を担当します。

資金管理

アメリカ市場での事業運営には、適切な資金管理が欠かせません。経理部門は、資金の調達、予測、および運用を管理し、企業の財務安定性を確保します。

アメリカと日本との間では通貨の変動リスクが存在します。特に円高や円安の影響を受けやすい企業にとっては、為替リスクのヘッジ戦略を検討することが重要です。

経理部門のノンコア業務

データ入力と集計

日々の取引データの入力や集計は、ルーチン業務に分類されます。これらの業務は、経理部門の時間とリソースを日常的に使用するため、効率的な方法で処理される必要があります。

支払い処理

請求書の処理や支払いの発行は、時間を要する作業ですが、業務の効率化や自動化が可能です。アシスタントには、これらの業務を自動化するためのシステムの設定や管理を依頼することができます。

文書管理

請求書や契約書などの文書の整理、保存、およびアーカイブは、経理部門の業務の一環ですが、これらのタスクは時間を要することがあります。アシスタントには、文書管理システムの整備やデータの整理を依頼することができます。

経費精算

従業員の経費精算は、経理部門の重要な業務ですが、手作業による処理が多いため時間がかかります。アシスタントには、経費精算システムの導入やデータ入力のサポートを依頼することが可能です。

ノンコア業務の外注

日本企業がアメリカ進出を目指す際、経理部門のノンコア業務を外注することで、効率的なビジネス展開を実現できます。自社社員の採用には費用や時間がかかりますが、アシスタントサービスを利用することで、即戦力のバイリンガルアシスタントを迅速に手に入れることができます。これにより、業務効率化とコスト削減が可能となります。

また、アメリカでの業務サポートにはアメリカのビジネス慣習を理解し、英語でコミュニケーションを円滑に行える人材が求められます。日本語と英語のバイリンガルアシスタントサービスを利用することで、安心してアメリカでの業務を委託できる環境が整います。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっていると、人材雇用の問題で頭を抱える状況がよくあるでしょう。日本企業がアメリカで現地雇用する場合に、仕事に対する姿勢や働き方が日本企業の基準に合う人材を探すよう、現場やマネジメント層から求められる状況が多く[…]

アメリカのオンラインアシスタント

オンラインアシスタント/Emily.にノンコア業務を委託するメリット

言語的なスキル

オンラインアシスタント/Emily.では、日本語と英語のバイリンガルが揃っており、データ入力や経費精算、インボイスの発行や処理などの経理のルーティン業務も日本語と英語の両方で対応できます。企業は業務委託を行うことによって、本来時間を割くべき業務に集中することができたり、新規事業への取り組みを始めることができるようになります。

文化的な理解

アメリカの文化や業務慣行を理解している相談相手や専門家がいない場合、財務情報の受け取り方や理解に影響を与えることがあります。言語の壁を超え、明確で簡潔な会計報告を行うことは極めて重要ですが、情報開示やリスクへのアプローチなどの文化的な違いにより、情報を理解しにくくなることも考えられます。

特に、アメリカでは、情報の公開性や透明性が重視されるため、監査や現地税務申告、会計レポート作成などの分野で、適切なサポートが欠かせません。特定の表現や言い回しは、文化的な背景によって異なる解釈がされることもあり、適切な翻訳やコミュニケーション手段の確保だけでなく、文化的な理解のある現地での専門家や担当者のサポートが必須です。

社員の時間と労力の節約による効果

ノンコア業務をオンラインアシスタント/Emily.に委託することで、社員はコア業務に集中することができます。これにより、生産性が向上し、結果として企業の成長や利益増大が期待できます。

たとえば、アシスタントが日常業務を遂行しながら、会計事務所と連携して、必要な情報や指示を受けて業務を進めることができます。この連携により、会計事務所に全てを委託する場合に比べて、コスト削減を実現することができます。

業務効率化ツールの活用

オンラインアシスタント/Emily.は適切なツールの導入サポートも行います。例えば、アメリカで広く利用されている会計ツールである「QuickBooks Online」や、経費管理を効率化する「Expensify」などのツールを導入することで、業務プロセスの効率化やコスト削減が可能となります。現地のソフトウェアやツールを使うことで、言語や文化の障壁を超えつつ、適切な財務報告を実現することができます。

また、クラウドベースのシステムを利用して業務を行うため、経理部門のデータや文書はオンライン上で安全に管理され、必要な時にすぐにアクセスできるため、柔軟性とアクセシビリティが向上します。

 

以上のように、オンラインアシスタント/Emily.にノンコア業務を委託することで、言語的なスキルや文化的な理解に加え、労力の節約や業務効率化の面でも多大なメリットがあります。

関連記事

アメリカ進出を果たし、事業を展開する日本企業や日系スタートアップが直面する課題の一つにバックオフィス部門のリソース不足があります。組織の円滑な運営や業務プロセスのサポートを行う部門が担当する業務は広範囲であることが多いです。さらに、[…]

アメリカでのバックオフィスにオンラインアシスタントがおすすめな理由

まとめ

経理部門の業務は多岐にわたり効率的な業務分担が不可欠ですが、コア業務に集中するためには、ノンコア業務の一部をアシスタントに任せることが可能です。これにより、経理部門の生産性が向上し、企業の成長に貢献できます。また、便利なツールを活用して業務の自動化や効率化を進めることで、経理部門はより戦略的な役割を果たすことができます。

組織の成長や競争力を高めるために、社員が本来行うべきコア業務と外部委託できるノンコア業務を明確に区別し、必要に応じてアシスタントサービスを利用したり、業務効率化につながるツールを活用していきましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG