アメリカのビジネスで自社採用よりオンラインアシスタントがおすすめな理由

アメリカのオンラインアシスタント

アメリカでビジネスを行なっていると、人材雇用の問題で頭を抱える状況がよくあるでしょう。

日本企業がアメリカで現地雇用する場合に、仕事に対する姿勢や働き方が日本企業の基準に合う人材を探すよう、現場やマネジメント層から求められる状況が多く、日本や日系企業での社会人経験者かつ、日米バイリンガルの人材を採用したいと考えている日本企業が多いのではないかと思います。

このようにかなり狭まった条件では適切な人材が見つかりづらいですし、仮に見つかったとしても、仕事面のスキルが求めている条件に伴っているとも限りません。

条件を広げて日本語が話せる日本人以外の人材を探しても、円滑なコミュニケーションが取れる日本語レベルではなかったり、一般的に日本企業が求める勤務態度ではない場合も多くあります。

また日本に比べて賃金の高いアメリカなので、自社採用となれば高額な賃金で雇用を行い、さらに福利厚生などの付加も必要となるので、正社員として雇用することは非常にコストやリスクが高く、アメリカ国内での現地採用は非常に骨の折れるタスクとなるでしょう。

そのような状況を回避するためにおすすめなのが「オンラインアシスタント」です。

オンラインアシスタントに業務委託を行うことで、人材雇用の問題を解決できるのです。

この記事ではアメリカ国内で人材を探す場合、自社雇用よりオンラインアシスタントを利用することがおすすめな理由をご紹介します。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

多様な雇用形態

近年アメリカにおける雇用形態は、より多様な選択肢を持つようになってきています。

労働者側も、企業に正社員として勤める以外に、フリーランサーとしてマルチに事業を請け負い個人自業主として働くなど、さまざまな雇用形態から条件に見合うものを選択し、労働する時代へと変わりつつあります。

様々な雇用形態は一長一短であり、自社正社員の場合は採用時のコストや福利厚生の負担が発生するものの、自社の社員という確固たる信頼関係を築き、コミットメントを得ることができます。

フリーランサーなど外部に業務委託を行う場合は、採用コストや福利厚生などが不要で、プロジェクト毎に相応しい人材を迎え入れることが可能ですが、場合によっては期限を守らなかったり連絡が取れなくなったりと、信頼関係を築きにくい状況に直面してしまう場合も、特にアメリカでは多くあるようです。

また日本と比較しても、アメリカでは自身の意見をハッキリ主張する文化であることもあり、嫌だとすぐに辞めてしまったり、プロジェクト毎に報酬を交渉されたりと、予想外の展開に発展することも多々あります。

このようなリスクを回避するためにも、アメリカ国内で人材を探す場合「オンラインアシスタント」がおすすめだと言えるでしょう。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、人材不足や言語による人的リソースの問題、日米の働き方や仕事に対する姿勢などが異なることから業務効率の改善などの様々な課題が発生します。そんな課題を解決するために役立つサービスとして、現在注目を集めている[…]

​​オンラインアシスタントがおすすめな理由

アメリカでオンラインアシスタントがおすすめな理由は下記のようになります。

  • コスト削減
  • 雇用スピードの早さ
  • 生産性
  • 即戦力
  • 柔軟性

コスト削減

まずはじめにオンラインアシスタントをおすすめする大きな理由として「コスト削減」が挙げられます。

自社で人材を採用する際に必要となるコストを、オンラインアシスタントを利用すると全てカットすることが可能です。

またフリーランスなどに業務委託する場合、アメリカでは十分なスキルを持つ人材の場合はコストが跳ね上がり、優秀な人材に業務委託を行いたい際には高額な費用が必要となります。

オンラインアシスタントであれば、所属しているアシスタント会社にマネジメントを受ける優秀なアシスタントが定額で業務に携わってくれます。

雇用スピードの早さ

オンラインアシスタントを提供している企業には、数多くの優秀なアシスタントが所属しています。

そのため、プロジェクト毎に適性のある外部の人材をわざわざ探すという負担がなくなり、オンラインアシスタントの会社にプロジェクト内容を伝えるだけでそれに相応しい人材やチームを編成して、即時にプロジェクトを開始する準備を整えてもらうことができます。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

オンラインアシスタント

生産性

オンラインアシスタントであれば自社で人材を育成したり、新入社員のオンボーディングを行ったり、プロジェクト外の行動に時間や労力を割く必要がなくなるので、自身やチームの業務をサポートできる人材を探している担当者自身は、コア業務に集中できる環境を作っていくことができるのです。

またオンラインアシスタントの中にプロジェクトマネージャーがいる場合は、プロジェクトマネージャーが総指揮を取りプロジェクト自体の管理を行なってくれるので、期限やチームメンバーの管理を一任することも可能です。

関連記事

アメリカに向けたビジネスを展開している日本企業で、そのビジネスのプロジェクトが滞りがなく円滑に進んでいるでしょうか?日本と文化的が異なる環境へ向けた事業であったり、日本語以外を母国語とする関係者と関わる必要がある海外ビジネスは、想像[…]

プロジェクトマネジメント

即戦力

オンラインアシスタントとして所属している人材は、それぞれの専門分野で経験を積んでいる人物ばかりなので、業務に取り組み始めるまでの時間も大幅に短縮できます。

オンラインアシスタントなら、自社採用の新規正社員よりも、早く対応を終わらせたり、早期に成果を上げたりすることが期待できます。

わざわざイチから人材を育成する必要がないので、教育などに費やす時間やコストが抑えられます。

柔軟性

人材の体調不良や急用など予想外の自体が起こった場合でも、オンラインアシスタントであれば、同等のスキルを持つ他のアシスタントがヘルプ要員として、作業を補うことが可能です。

また繁忙期と閑散期でアシスタントの人数や労働時間を変更したり、短期的なサポートを発注したりと、よりフレキシブルな体制での対応を依頼することができるのも大きなメリットでしょう。

このようにオンラインアシスタントにサポートを依頼することで、自社で人材を採用する際と比較して、コストや時間が削減され、人材をイチから育成する必要もなくなります。

また、オンラインアシスタントを提供している企業には多様な分野の経験や知識を持つ人材が所属しているため、プロジェクトやチームに参加した際にも、より早く適応し、それぞれのスキルを発揮してアメリカでのビジネスに貢献してくれることでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyについて

このようにオンラインアシスタントの良さについてご紹介してきましたが、オンラインアシスタントを提供している企業によってサービス内容が大きく異なります。

アメリカでオンラインアシスタントを探す場合、英語での会話・コニュニケーションが必須となるほか、当然ながら全てがアメリカ基準となるため、日本とは異なる仕事に対する常識や価値観、態度に日本企業側として満足できない場合が出てきたり、文化の違いなどから来るトラブルに発展してしまう場合もないとはいえないでしょう。

そんな日本企業がアメリカでオンラインアシスタントに業務委託を行いたい場合、日系のオンラインアシスタント/Emilyがおすすめです。

日米バイリンガルのアシスタントが所属しているので、日本語でスムーズなコミュニケーションができ、海外ビジネスでありがちな想定外の認識の違いなどが起こることなどを防ぐことができます。

また日本でも社会人経験があるアシスタントばかりなので、日本基準のビジネス感覚を持っており、日本企業が求めるようなサポートを問題なく行うことができます。

さらにアメリカ在住のアシスタントならではというように、アメリカ市場に精通しており、現地ビジネスの手法も理解し、的確な内容のサポートを提供することが可能となります。

現地に出向くことが難しい、海外拠点を持たない日本企業の場合でも、アメリカ各地に住んでいるアシスタントが現地視察やリサーチなどの業務を補うことができます。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

まとめ

アメリカでビジネスを行う際は、自社採用よりオンラインアシスタントがおすすめな理由についてご紹介しました。

アメリカ現地のビジネスにも精通している優秀なアシスタントにサポートを依頼することで、自社で雇用する場合にかかる高額なコストや時間、福利厚生や、採用後の人材育成などが不要となるため、よりスピーディーにアメリカでビジネスを開始させ、発展させることができます。

オンラインアシスタントを上手く活用することで、コストを抑えつつ優秀な人材を確保し、アメリカのビジネスに参入しましょう。

関連記事

日本企業がアメリでビジネスの成功を収めるためには、アメリカ現地の適切な知識やスキルを持った人材と仕事を行うことが必須となりますが、アメリカで優秀な人材を採用することは非常に難しいとされています。そこで近年注目されているのが、「オンライン[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG