日系企業向けアメリカのオンラインアシスタント/Emily誕生の背景と今後の展開

アメリカへの新規進出や事業拡大をミッションとし、リソースでお悩みの日系企業向けに弊社COEL, Inc.ではオンラインアシスタント/Emilyを展開しています。

導入を検討中のお客様から「なぜこのサービスをやっているのか?何ができるのか?」といったご質問を頂くことが増えてきました。

そこでオンラインアシスタント/Emilyを立ち上げた経緯について、COEL, Inc. 代表の松尾にインタビューを実施しました。

松尾が自ら事業に込める想いや、これから目指す姿について語ります。

 

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

Emilyのサービスを展開した背景を教えて下さい。

私の直近のキャリアですが、アメリカのロサンゼルスにある「Eコマース系アウトソーシング会社」で、述べ300社以上の米国新規進出や事業拡大に関する相談に向き合い、実際のプロジェクト運用にも関わってきました。いわゆるAmazonやShopifyといったECやマーケティング、カスタマーサポートといった領域で日系企業を中心にアメリカでビジネスのサポートを提供してきました。

本当のパートナーの在り方とは

提案を重ねる中で、契約に至らなかったケースも多くあり、どうやら多くの日系企業が想像していたコスト感と、実際に必要なコスト感(提案金額)に大きなギャップがあるようでした。

「金額が合わない。」という理由での失注は半数以上を占めていたのです。

さらに、コストが低ければ良いというものではなく「サービスの柔軟性」も重要なポイントであることが分かりました。

アメリカに展開する日系企業の立場で考えると「限られた予算の中で、いかに最大の効果を出せるか。」を常に意識する必要があり、それにも関わらず、サービス範囲を事細かに定義し、ミニマム2年〜3年といった業務委託契約を条件としていたので、クライアントにとって米国進出・展開におけるベストなパートナー形態ではなかったのです。

予算やリソースが限られた中、アメリカのマーケットを相手に色々な困難に立ち向かっていくということは、当然ながら容易ではありません。イレギュラーな出来事が多い中で、外注パートナーとして同じ契約内容で長期的に縛ることに、違和感を私自身も強く感じていました。

そこで、「もっとクライアントの立場に寄り添ったサポートができないか?柔軟なサービス領域で、ゼロスタートの米国事業にも利用してもらいやすいサービスができないのか?」という想いからたどり着いた答えが、アメリカでのオンラインアシスタント事業 “Emily“の立ち上げでした。

関連記事

2019年にアメリカ進出を果たした万田発酵株式会社。その米国法人であるMANDA FERMENTATION USA, INC.をリードする中島康人氏(COO/President)にアメリカでの事業立ち上げ時のお話やオンラインアシスタ[…]

 

Emilyはどのようなビジネスモデルでしょうか。

様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に集中することができず、それにより事業の成⻑が鈍化しかねません。

オンラインアシスタント/Emilyでは全米に広がる弊社のネットワークを活かして、日本語・英語バイリンガルのメンバーがフルリモートでチームメンバーとして在籍しており、クライアント様が抱える大切な業務に集中して頂けるよう、クライアント様のサポートを行う環境をメンバー一同でご提供しています。

基本的には専任アシスタントをクライアント様ごとにアサインさせて頂き、日常のやりとりは一本化しています。

そしてメインのアシスタントが実務対応を行ないますが、対応範囲外のことを依頼頂いた際には、対応スキルをもったバックアップスタッフが対応してスムーズに納品をすることが可能です。

emily assistant business model

 

Emilyに込めた想いを聞かせて下さい。

この事業では2つの側面で存在意義があると考えています。

1.クライアントと伴走し、共に成長を目指す存在

オンラインアシスタント/Emilyは、業務委託契約という形でクライアントのサポートを行なっています。

ただし、契約締結の過程に時間がかかったり、サービス対応範囲を事細かに定めて制限するものではありません。基本的には3ヶ月の契約期間をミニマムとして、その後に継続するかどうかはご自由に判断頂くことが可能です。ありがたいことにサービス開始以来、2023年11月時点で96%のクライアントに継続してご利用頂いています。

また、「リソースが足りない。」となれば、従来までは自社でのフルタイム雇用が代表的な選択肢の一つですが、その場合下記のようなプロセスが一般的でした。

自社採用の主なプロセス

  • フルタイムで雇用するために、求人票を作成し求人サイトに掲載する
  • 求職者と日程調整をして複数回の面接を実施
  • 社内稟議申請の上で正式採用を進める
  • 両者合意の上で雇用契約を結ぶ
  • PC支給、オリエンテーションなどの入社プロセスを経て業務開始

この流れでスムーズに進んで1ヶ月、最悪のケース数ヶ月も適任が見つからないケースも多いでしょう。

そして昨今の事業スピードや市況の変化を考えると、その形が必ずしもベストではなくなってきていると強く感じています。アメリカ事業が成長するために、オンラインアシスタント/Emilyとして「様々なサポート領域をカバーし、定額制のミニマム3ヶ月契約、退職や休職の心配がないチーム制。」がもたらすベネフィットは非常に高いと確信しています。

関連記事

アメリカでビジネス展開を行う日本企業にとっての大きな課題の1つが【アメリカ現地での適切な人材の採用】です。昨今アメリカでは40年ぶりのインフレや、2020年のパンデミックをきっかけに在宅勤務がより一般的になった影響から、高い給与や充[…]

アメリカ人材採用

 

2.在米日本人がキャリアを活かせる場を作る

アメリカには2022年現在約6000社の日系企業が進出していると言われています。

その多くの組織で駐在員を日本から派遣して、日本本社との窓口対応や現地法人のマネジメントを行なっていますが、その配偶者の多くは日本から離れ、アメリカの知らない土地で生活を共にすることが多いでしょう。

各家庭のワークスタイルは様々ですが、私がアメリカで生活している中で多く聞くケースは、今までのキャリアを辞めて配偶者として米国赴任に帯同した後、フルタイムでは働けなかったり、慣れない土地で通勤ができずに仕事探しを断念している人が多くいるなと感じていました。

中には大企業やスタートアップの最前線でキャリアを積んでいた人も多く、渡米したあと「働きたいのに働けない、時間を持て余してしまう」といった現状は改善したいと考えていました。オンラインアシスタント/Emilyでは、そういった働く意欲の高い方、スキル・経験を持った優秀な方と出会い、プロジェクトに参画して頂いています。

オンラインアシスタント/Emilyのメンバーとして参加してもらったあと「フルタイムでもリモートで働けるので助かる。」「午前のみの時短で働けるので、子供のケアもできている。」「駐在員の配偶者として渡米をすると働けないと思っていたが、キャリアのブランクも無くなり、日本での経験がアメリカでも活かせている。」といった声を所属メンバーから聞いた時は、目標が達成できたようで嬉しい気持ちになりました。

 

クライアント様への支援はもちろんのこと、在米日本人が日本での経験を活かし、アメリカでもキャリアを活かせる環境作りに貢献していきたいと考えています。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

オンラインアシスタント

 

Emilyは何をどこまでサポートしてくれますか。

現在は下記のサポート領域で展開しています。

  1. リモートで秘書業務全般を行なう「アシスタント」
  2. 電話/メール/チャットで顧客対応を行なう「カスタマーサポート」
  3. オンライン広告や売上/認知拡大の施策に幅広く対応する「マーケティング」
  4. ShopifyやAmazonなどEC業務全般をサポートする「EC スペシャリスト」
  5. 月次レポート作成やBookkeepingをサポートする「会計・Bookkeeping」

弊社ではアメリカ現地で唯一、日本語・英語対応のオンラインアシスタントサービスを提供しており、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフがアメリカ現地時間でサポートを行なっております。

自社でプロフェッショナルを採用するための採用期間のラグもなく、すぐにサービスを利用できる点でもクライアント様より評価を頂いてます。

 

どういった事業者様におすすめですか。

米国事業が広がるにつれて、つきまとうリソース周りの困り事は絶えません。

下記のような課題に一つでも当てはまる場合は、間違いなくオンラインアシスタント/Emilyでお役立ちできると思っています。

  • やりたいことが多いが、毎日のタスクに時間が取られて思うように動けていない。
  • チーム単位で毎月どこかのリソースが逼迫している。
  • 自社採用だとスキルのバラつき・管理コストの負荷・頻繁に出る退職者等の問題が尽きない。


“必要な期間に必要なスキルを活用したい、でも自社のカルチャーも理解してほしい”というあなたへ。

外注の行いやすさという点では、フリーランスやクラウドソーシングの利用で、単発案件として依頼することが可能です。

しかし「対個人であることによるトラブル」が課題に挙げられることも多々あります。

それに加えて単発での発注のため「阿吽の呼吸」のようなものがなく、「○○さん、いつものアレお願いします。」といった気軽なコミュニケーションが取りづらくなる点が思った以上に日々の連携において不便でストレスになってきます。

フルタイムで雇用すると当然、各企業のルールやカルチャー・理念を分かち合って、日々の業務を行なう点はメリットかもしれませんが、その両方の良さを持ち合わせているのがオンラインアシスタント/Emilyです。

スタートはとてもシンプル

コア業務に集中したい、退職者をゼロにしたいなど企業のニーズは様々です。

まずはその悩み・課題を一緒に明確にして、必要な毎月の稼働時間を算出します。

そしてサポートに適した弊社メンバーをアサインしてバックアップのスタッフ含め、チームとして支援を致します。

初回面談から実際のプロジェクト開始までで、最短2日で開始したケースもあります。

 

今後のビジョン、サービス展開の計画を教えて下さい。

日系のアメリカ進出企業のニーズを追求して立ち上げたのがオンラインアシスタント/Emilyです。

現在は5つの軸で展開していますが、そのサポート体制を強化しつつ、今後は「人事・採用まわり」の分野にもサポート領域を広げて、アメリカ市場における日系企業の活躍に少しでも貢献していきたいと考えています。

また、もう一つの存在意義である「在米日本人のキャリア支援」にも、より一層ネットワーク拡大に力を入れて、会社として貢献できる幅を広げていきたいと考えています。

アウトソーシングの形や働き方の形を、これからの時代に合わせて都度アップデートを行い、クライアント様と所属メンバー共に働きやすく有意義に仕事が行えよう、環境を整えて行こうと思います。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG