メモリアルデーに向けたマーケティングのポイントとスケジュール

メモリアルデーのマーケティング:ポイントとスケジュール

5月の最終月曜日のメモリアルデーは、アメリカにおいて戦争犠牲者への追悼と感謝の日であると同時に、夏のシーズンの幕開けとも捉えられています。メモリアルデーの連休には、大規模なセールが行われ、多くの人々がショッピングや旅行に出かけたり、アウトドアで家族や友人との時間を楽しみます。

この記事では、アメリカ市場を対象に日本企業が商品を販売する場合、必ず知っておきたいメモリアルデーのキャンペーンについて、その概要と準備のためのスケジュール、キャンペーンアイデアなどを紹介します。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

メモリアルデー(Memorial Day)とは

メモリアルデーのマーケティング

メモリアルデーは、アメリカ国内外での戦争や紛争で亡くなった軍人たちに対する感謝の意を表すとともに、その犠牲を追悼するために設けられた祝日です。※2024年は、5月27日(月)

メモリアルデーには、軍人の墓地や戦争記念碑を訪れ、花や国旗を掲げて犠牲者に敬意を表す行事が各地で行われます。また、パレードや追悼式典、軍関連の催し物や行事も多く開催され、75%のアメリカ人が、さまざまな形でこの日を祝うといわれています。

夏の始まりを祝い、家族や友人との絆を深める機会ともなるメモリアルデーでは、バーベキューやピクニック、ビーチでのレジャー活動など、アウトドアで楽しい時間を過ごすことも一般的で、9割以上が関連の支出をするといわれています。

また、メモリアルデーには、大規模なセールや割引が提供され、多くの人々がショッピングを楽しみます。特に衣料品、家電製品、家具などが買い物の対象となり、企業にとっては重要な商機となります。適切なセールやプロモーションを行うことで、消費者の興味を引き、売り上げを伸ばすことができるほか、メモリアルデーの売り上げが好調であれば、年間の業績にも良い影響を与えると言われています。

とはいえ、メモリアルデーはあくまでアメリカ国内外での戦争や紛争で亡くなった軍人たちに対する感謝の意を表すとともに、その犠牲を追悼するための祝日であることを忘れてはいけません。メモリアルデーに向けた販売促進、マーケティングを行う場合、適切な手法やトーンを選ぶことはとても重要です。

メモリアルデーに向けた効果的なマーケティングのポイント

メモリアルデーに向けたマーケティングキャンペーンを成功させるためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

ターゲット層の理解

まずは、過去の売上データ分析、ウェブサイトの調査やソーシャルメディアでアンケートを実施するなどの方法で、どのような層の顧客がメモリアルデーに何を求めているのかを把握しましょう。これにより、顧客がこの時期に期待している内容を把握でき、それに基づいてマーケティングを最適化できます。

ターゲット層のデモグラフィックなど特徴がわかっている場合、インフルエンサーマーケティングも有効な施策の一つでしょう。特にメモリアルデーに関連したコンテンツを提供できるインフルエンサーと提携したり、彼らを通じてターゲット層にアプローチすることで、より広範なアクセスが期待できます。

関連記事

アメリカで事業を行なう上で、ぜひ検討したい施策がインフルエンサーマーケティングです。しかし、実際に運用を始めるとなると「敷居が高い」「どう始めればいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、アメリカ[…]

アメリカでインフルエンサーマーケティングを開始する方法

祝祭的な雰囲気を控える

特にメモリアルデーの場合は、顧客の期待に対応するだけでなく、メモリアルデーの意義や重みを理解し、それをキャンペーンに反映させることが重要です。

メモリアルデーは祝祭的な雰囲気ではないため、夏の始まりをターゲットにしていない限り、明るく陽気なトーンのコピーは避け、敬意を払う形のコピーを心掛けましょう。

テーマカラーを取り入れる

メモリアルデー

メモリアルデーのカラーテーマである赤、白、青を意識的に取り入れましょう。パッケージデザインやマーケティング資材、ロゴにもこれらの色を使用することで、敬意を表現することができます。

社会貢献で顧客との関係を強化

メモリアルデーには地元のパレードや追悼式典が多く開催されます。地元のコミュニティイベントに参加し、協賛することで、地元の顧客との結びつきを強化できます。また、信頼性のある退役軍人支援NGOや慈善団体とのパートナーシップを築いたり、限定版商品を発売することもできます。その特別な商品の一部の収益を寄付に回すことで、顧客に商品の特別感と同時に社会貢献への参加感を提供できます。

また、ソーシャルメディアで、メモリアルデーへの意識を高めるキャンペーンを展開することで、顧客との結びつきの強化を期待できます。

キャンペーンのスケジュール

以下は、メモリアルデーに向けたマーケティングキャンペーンのスケジュールの一例です。業種やキャンペーンの規模によっては変更が必要ですが、いずれにしても、早期からの計画と準備が重要です。

3月 早期準備開始

ターゲット層の調査やアンケートを開始し、キャンペーンの目標を設定したり戦略を検討します。また、地元のパレードや追悼式典のスケジュールを確認したり、地元のコミュニティ団体と連絡をとり、協賛を検討します。

4月 キャンペーンのテーマや協賛を確定

ターゲット層のフィードバックをもとにキャンペーンのテーマを決定し、メッセージを作成しましょう。限定版商品の企画デザインやカラーテーマを考慮して、キャンペーンの視覚的な構成を決定します。

また、NGOや慈善団体とのパートナーシップ提携やイベント参加を決定します。

5月 キャンペーンの開始とイベントの参加

初旬にはメモリアルデーにふさわしいコピーを作成し、デザインを完成させましょう。キャンペーンのウェブサイトやランディングページ、ニュースレター(メルマガ)などを準備することも大切です。

中旬にはソーシャルメディアでのコンテンツ戦略を本格化させ、フォロワーとの対話を促進し、商品の告知やイベントの参加を呼びかけることも必要となります。

下旬にはキャンペーンを開始し、特別なオファーやプロモーションの告知を開始します。各団体とのパートナーシップ提携やローカルイベントの参加を通じてコミュニティとの結びつきを強化していきましょう。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合(特にECなどBtoCに特化したビジネス運営)に、Emailを用いたマーケティング手法は潜在顧客へ商材やサービスの購入を促進させたり、ブランドや企業と顧客との良好な関係を保ったり、顧客獲得のための効果的な手段の一[…]

マーケティング

6月 キャンペーンの成果を評価

キャンペーンの成果を分析し、データを収集したり、寄付の結果を公表することも大切です。顧客からのフィードバックを取得し、将来のキャンペーンの改善に活かしていきましょう。

関連記事

アメリカでビジネス拡大を図る場合、必須となるのが【ソーシャルメディア・マーケティング】、いわゆるSNSマーケティングです。ソーシャルメディアは費用対効果が高く、コツやポイントさえ掴めば売上に繋がるので、ぜひ取り入れたいマーケティング[…]

アメリカでのSNSマーケティング

オンラインアシスタント/Emily

重要な祝日やシーズンに合わせた大きなキャンペーンでは、アメリカ独特の商習慣の理解や、充分な余裕をもって計画を進めることが成功の鍵となります。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカにおけるEC運営やマーケティングに精通したアシスタントによる、きめ細かいサポートも提供しています。

アメリカ消費者向けへのキャンペーン実施の経験が少ない、どんなキャンペーンが効果が出そうかアイデアが欲しい、人的リソース不足で困っているといった悩みをお持ちの方は、アメリカ現地在住のアシスタントへの依頼がおすすめです。

関連記事

Abalta Technologies(アバルタ・テクノロジーズ)は、日本の地図会社大手であるZenrin(ゼンリン)社の完全子会社で、アメリカの西海岸、サンディエゴを拠点にし、オートテック産業を最先端技術でリードするグローバル企業です。[…]

オンラインアシスタント/Emilyのクライアントインタビュー

まとめ

この記事ではメモリアルデーのマーケティングを成功させるために、知っておきたい基本情報やポイント、キャンペーン準備のスケジュールについて紹介しました。

アメリカでビジネスを展開する際には、アメリカの文化や価値観を尊重することが成功の鍵となりますが、メモリアルデーは厳粛な祝日であるため、敬意を払うスタンスがより受け入れられやすいでしょう。

メモリアルデーに向けたマーケティングのスケジュールや効果的なアプローチなどを把握すると、この機会を逃さず売上を伸ばし、顧客との関係を強化することができます。メモリアルデーの背景を理解し、配慮を忘れずにマーケティングを行い、成功につなげていきましょう。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっており、マーケティング戦略を立てている場合、年間を通したイベント行事を把握する必要があります。シーズンや月ごとのアメリカでのイベント行事や祝日などを抑えたマーケティングを行うことで、アメリカのビジネスで良い[…]

アメリカのイベント行事を把握してマーケティング戦略を立てよう
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG