アメリカでマーケティングを成功させるには?(入門編)

アメリカでのマーケティングを成功させるには?(入門編)

アメリカでビジネスを開始した後に、売上を伸ばすために必要不可欠なのが「マーケティング」を行うことです。

良い製品やサービスを準備・提供が出来たとしても、アメリカ国内で該当する消費者の目に留まらなければ、残念ながら売上を伸ばす可能性は極めて低いと考えられます。

もちろん日本でのビジネスもマーケティングは売上を伸ばすために大切な施策ですが、アメリカと日本では文化の違いもあり、日本で成功した事例を、そのままアメリカ市場でも同様のマーケティングを実施したとしても、必ず成功するとは限りません。

この記事では、アメリカ市場に合わせたマーケティングで、アメリカでビジネスの成功を収める方法をご紹介しています。

これからアメリカへ進出を考えていたり、アメリカでマーケティングの導入を考えている日本企業のご担当者様に、ぜひ読んで頂きたい内容となります。

 

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

日本企業がアメリカでマーケティングを行う際の課題点

日本とアメリカでインターネットを用いたマーケティングを行う上で、大きく異なる点はほぼないと言えるでしょう。

ですが、日本とアメリカでは効果的なインターネットマーケティングのアプローチ方法が異なる場合が多くあります。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっている日本企業で特に小売業の場合、セレクトショップなどに商品を卸す、自社で直営店を運営する、オンラインで通信販売を行うなど、様々な方法でアメリカで物販を販売されているかと思います。なかでも最も手軽にアメリカ[…]

アメリカ小売EC

 

例えばアメリカと日本で1位の検索エンジンはGoogleで変わりはありませんが、アメリカの検索エンジンの2位はbing、3位はYahoo!です。

日本の場合はというと、2位がYahoo!、3位がbingで検索エンジンの結果に大した変化はないように感じられると思います。

ですが、下記のパーセンテージを見ると大幅に異なることが分かると思います。

2022年アメリカの検索エンジンランキング

出典:Statcounter

2022年日本の検索エンジンランキング

出典:Statcounter

 

この結果からアメリカではインターネット広告でマーケティングを行おうとした際、86%のシェアを誇るGoogleのみで良いと考える企業が多いでしょう。

ですが日本の場合だと、シェアが76%のGoogleはもちろんですが、ほぼ15%にもなるYahoo!のインターネット広告を運用したいと考える企業も多いかもしれません。

また日本ではYahoo!を検索エンジンと使用しているのは、中年層以降が多いと言われているのでターゲットが中年層以降の場合、Yahoo!のみ広告を掲載するという手もあると考えられます。

このようにアメリカと日本では、ほぼ変わらない検索エンジンを使用しているにもかかわらず、利用者の割合が大きく異なることが分かります。

 

アメリカでビジネスを成長させる為のマーケティング方法

アメリカでビジネスの成功を掴む為に必要なマーケティングですが、どのような種類のマーケティングを活用すれば、より成果を得ることが出来るのでしょうか。

こちらではインターネットを用いたマーケティングで、どのような手法があるのかをご紹介します。

 

①Web広告マーケティング

数多くあるマーケティング方法のうち、必ず行って頂いたいのはオンライン上でのWeb広告マーケティングです。

インターネットを利用する際に必ず目に留まる広告で、アメリカで代表的なWeb広告は「Google」「Facebook」「Amazon」だと言われています。

関連記事

アメリカでビジネスを行う際、必須として挙げられる項目が『WEB広告運用』です。近年、アメリカ進出をする海外企業(アメリカ以外の国)が多く、日本企業もその波に乗り、アメリカでビジネス展開を行う企業が増えてきました。日本企業がア[…]

アメリカWEB広告運用
関連記事

国境や文化の違いを越えてアメリカで商品やサービスを売るためには、効果的なデジタル広告戦略が必要不可欠です。とはいえ、アメリカでの広告運用は日本国内とは異なる点が多く、運用のハードルが高くなってしまうのも事実です。アメリカでビ[…]

 

アメリカのAmazo広告は日本のAmazonとほぼ同じ内容なので、日本企業の場合扱いやすいWeb広告だと言えます。

スポンサー広告であれば低予算で開始することが可能で、費用対効果が良い場合が多く、Web広告に慣れていない場合でも比較的簡単に運用できます。

関連記事

アメリカでECビジネスを効果的に成長させる手段の1つがAmazon USへの出品です。ですが、ただアメリカのAmazonへ商品の出品を行なったからといって、確実な売上を得れるわけではありません。確実に売上を獲得したいのであれ[…]

アメリカAmazon広告

 

日本では利用者が少なくなりつつあるFacebookですが、アメリカでは今でも根強い人気があるSNSプラットフォームで、Facebook広告の運用はマーケティングを行う際に、必須だと言えるでしょう。

関連記事

アメリカ事業のマーケティングにおいて、とても重要なのがFacebook広告です。自社でキャンペーンを行なうこともできますが、より効果を上げたい場合には広告運用のアウトソーシングがおすすめです。この記事ではアメリカのFacebook広[…]

 

②SNSマーケティング

上記で述べたFacebookをはじめ、InstagramやTwitterなどのSNSでのマーケティングを運用することも必須と言えるでしょう。

SNSを活用することで商品やブランドのイメージや世界観をカスタマーにアピールでき、カジュアルなコミュニケーションを取ることが可能なので、ファン化に繋がる可能性が非常に高いマーケティング方法です。

また各SNSの広告を利用して、Web広告と関連させながら運用することも効果的でしょう。

関連記事

アメリカでのSNSの活用は、現地で活動する日本企業にとって重要課題です。しかし、「何から手をつけていいのかわからない」「人員不足で手が回らない」などと、頭痛の種になることが少なくありません。この記事では、アメリカでのSNS運用の重要[…]

アメリカでの日本企業のSNS運用

 

③インフルエンサーマーケティング

インスタグラマーやYouTuber、ブロガーなど、各SNSなどインターネット上で多くのフォロワーを持つ、影響力を持つ人物に商品やサービスなどを、各媒体で紹介してもらうことでインフルエンサーをフォローしているフォロワーへアプローチする方法です。

アメリカでインフルエンサーマーケティングは、これからさらに大きくなるマーケティング市場だと予想されています。

関連記事

アメリカで事業を行なう上で、ぜひ検討したい施策がインフルエンサーマーケティングです。しかし、実際に運用を始めるとなると「敷居が高い」「どう始めればいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、アメリカ[…]

アメリカでインフルエンサーマーケティングを開始する方法

 

④Eメールマーケティング

メルマガやリマインドメールなど、Eメールを用いて行うマーケティングは、SNSが普及する前から効果が高いマーケティングの手法のひとつでした。

近年ではSNS利用者増加により、Eメールマーケティングを軽視する風潮がありますが、実際はインターネット普及時から今も変わらず効果の見込みが強いマーケティング方法なので、やはり積極的に取り入れて頂きたい施策だと言えるでしょう。

関連記事

アメリカでB to Cでビジネスを展開している日本企業や、これからアメリカでB to Cでビジネスを展開したい日本企業の方に重要となる施策があります。その重要な施策とはメールマーケティングです。アメリカでのビジネスで、非常に重要とな[…]

 

⑤コンテンツマーケティング

Web広告やSNSなど他社のサービスやプラットフォームに依存せず、自社でコンテンツ作成を行い潜在顧客にアピールするマーケティング方法です。

ブログや作品集などのように情報収集を行いたい、詳しい説明や内容を知りたいなどの考えから、インターネットでキーワード検索を行ったカスタマーへアプローチすることが可能です。

オーガニック検索が基本となるので瞬発力には欠けますが、自社SEO対策の強化を行うことで検索上位に表示させることが十分に可能です。

ECサイトの場合には、そのサイト内のコンテンツによって、いかに訪れた消費者にアピールできるかが問われます。ブログなどで消費者が興味を持つ、欲しい情報を提供したり、不明な点をクリアにしたりできることにより、サイト訪問者のファン化、ブランディングにも役立ちます。ブログなどのコンテンツからそのまま商品ページに誘導でき、購入に繋がる可能性も高いと言えるでしょう。

また他社のプラットフォームを利用してのマーケティングの場合、突然のルール変更などでマーケティングに悪影響が出るというリスクを回避することも叶います。

関連記事

アメリカでビジネスを行うにあたって、ほとんどの日本企業が、ECサイトやコーポレートサイトなどのウェブサイトを運営していると思います。商品ページやサービスの説明・企業案内などの掲載は、検索流入や売上を獲得するためにとても大切な施策とな[…]

アメリカでのコンテンツマーケティング「ブログ」
関連記事

アメリカでビジネスを行なっている日本企業で特に小売業の場合、セレクトショップなどに商品を卸す、自社で直営店を運営する、オンラインで通信販売を行うなど、様々な方法でアメリカで物販を販売されているかと思います。なかでも最も手軽にアメリカ[…]

アメリカ小売EC

 

⑥BtoBマーケティング

全ての日本企業が必ず行うべき施策だとは言えませんが、大量仕入れや大口契約などの可能性があるBtoBマーケティングなので、BtoCマーケティングがひと息ついて、次の施策を考えている企業にピッタリだと言えるでしょう。

また大手企業や有名バイヤーなどとマッチングする可能性もあり、アメリカでのビジネスに拍車がかかる希望を持つことができ、まさにアメリカンドリームを掴むチャンスが隠れているマーケティング方法でしょう。

関連記事

日本企業がアメリカで輸出ビジネスを行う場合、自社製品を小売店へ売り込むための営業が必須となります。ですが、日本とアメリカでは物理的な距離や時差などで、思うように営業を行えない場合が多いかと思います。例えアメリカ国内に営業担当[…]

アメリカでの販路拡大に 有効なプラットフォームRangeMe(レンジミー)とは?

 

⑦効果測定

上記でご紹介したマーケティング方法を実施する際には、効果測定を行うことが非常に大切な作業となります。

実際にこの効果測定をなんとなく行っている日本企業が多く、うやむやな結果をもとにマーケティングのコストや目標を算出している場合を見受ける時があります。

正確なデータのもと効果測定を行うことで、確実なマーケティング戦略を立てることができ、売上アップへと繋げられるでしょう。

関連記事

アメリカでビジネス拡大を図る場合、必須となるのが【ソーシャルメディア・マーケティング】、いわゆるSNSマーケティングです。ソーシャルメディアは費用対効果が高く、コツやポイントさえ掴めば売上に繋がるので、ぜひ取り入れたいマーケティング[…]

アメリカでのSNSマーケティング

 

マーケティングをオンラインアシスタントへ業務委託する

これまでご紹介したマーケティング方法ですが、全てを自社で行おうと思うと、多くの作業と多くの時間が必要となり非常に大変な業務となります。

日本の中小企業の場合、通常のコア業務に加え専門外の担当者がマーケティング業務を兼任することも多く、マーケティング戦略が曖昧なものとなってしまったり、一部の業務しか手がつけられていなかったり、なぜ効果が出ていないかの検証が行われていなかったりと、マーケティング業務にしっかりと腰を据えて取り組めていないこともあるでしょう。

その結果、コストをかけた広告や、時間を費やしたSNSやコンテンツなど、様々なマーケティングが不発に終わってしまっては、非常にもったいないと思います。

 

そのような状況を打破するためにおすすめなのが、オンラインアシスタントを利用しアメリカでのマーケティングを業務委託することです。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

関連記事

アメリカで会社の業績をあげるために不可欠なマーケティングチーム。オンラインアシスタントを活用すれば、「人手不足でコア業務に十分な時間を投入できない」「ツールの管理に手間を取られすぎる」などの課題を解決できます。この記事では、オンラインア[…]

 

オンラインアシスタント/Emily

オンラインアシスタント/Emilyでは、日米バイリンガルが所属しており日本企業とは日本語でコミュニケーションを行い、アメリカでの作業は英語で問題なくこなせるので、英語に不安を抱える日本企業や担当者にもピッタリなサービスです。

マーケティング全体をディレクションできるアシスタントや、Webマーケティング、SNSマーケティング、効果測定など、各分野を専門としたアシスタントも在籍しており、全体像を把握しながら細かく掘り下げた内容でマーケティング業務をサポートすることが可能です。

また全てのアシスタントがアメリカ在住なので、アメリカ市場を熟知しており、ターゲットに合わせたマーケティング方法を提案することを得意としています。

まとめ

アメリカでビジネスを行う際に必須の「マーケティング」に関してご紹介しました。

日本とアメリカでは、ターゲットとなるカスタマーの行動が異なる場合が多く、アメリカの市場を理解し、見合った内容のマーケティング方法を選択することが売上アップへの鍵となります。

自社で全ての業務を担うことが大変な場合や、社内にマーケティングを得意とする担当者がいない場合は、オンラインアシスタントにマーケティング業務の一部を業務委託したり、マーケティングの全てを一任して、コア業務に集中できる環境を作ることでアメリカでのビジネスを成功へと導く扉を開きましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG