アメリカのイベント行事を把握してマーケティング戦略を立てよう

アメリカのイベント行事を把握してマーケティング戦略を立てよう

アメリカでビジネスを行い、マーケティング戦略を立てる場合、年間を通したイベント行事を把握する必要があります。

シーズンや月ごとのアメリカでのイベント行事や祝日などを抑えたマーケティングを行うことで、アメリカのビジネスで良い業績を残すことが出来ると考えられます。

この記事では、2023年アメリカのイベントや行事を活用したマーケティング戦略方法をご紹介しています。

アメリカに住む消費者の心理に働きかけた内容のマーケティング・キャンペーンを実施し、売上アップへと導きましょう。

マーケティングカレンダーの重要性

ビジネスを行ううえで、イベントや行事、祝日や大型連休などのスケジュールを把握し、マーケティングに活用することは売上アップを図るための重要なポイントとなります。

日本とアメリカでは、イベント・行事や、祝日、大型連休が大幅に異なるので、アメリカでビジネスを行う場合、必ずアメリカのスケジュールチェックを行い、イベントに合わせた内容の販売促進計画を練りましょう。

またアメリカに住んでいる人々が、どの時期に財布の紐を緩めるのか、どの時期に家計を切り詰めるのか、マーケティングカレンダーを確認しながら、1年を通して商品を販売しやすい時期やイベントを把握する必要があります。

関連記事

アメリカでビジネスを行っていたり、取引相手がアメリカの企業の場合、現地の祝日やイベント行事を把握することは円滑なコミュニケーションを取ったり、売上を確保する上で非常に重要だと言えます。 年間を通したアメリカの祝日やイベント行事を把握す[…]

2023年のアメリカのイベントマーケティングカレンダー

2023年のマーケティングカレンダー

January 1月

1月1日の元日は祝日ではあるものの、日本と異なりお正月を祝うという習慣がアメリカではほぼありません。

大晦日はカウントダウンで盛り上がるものの、新年を迎えると通常の生活へと戻ります。

アメリカではむしろ、中国の春節(旧正月)を「Lunar New Year」と言い、TargetやWalmartなどの大型小売店では特設の売り場が設けられていたり、Starbucksでは毎年この時期に干支をモチーフにしたタンブラーなどのグッズを販売し、入手困難なほど人気のシーズンアイテムとなっています。

ですので、1月は元旦のお正月に関連させたマーケティングより、春節に関連させたマーケティングを行うと良いと言えるでしょう。

February 2月

2月は年間を通しても消費者の購買意欲がアップする大イベント「バレンタインデー」があります。

日本と同様2月14日ですが、アメリカでは女性から男性にチョコレートを贈るというイベントではありません。

パートナーや親しい間柄の人に、日頃の感謝や愛を伝えるべく、花束やデコレーションバルーンなどを贈るイベントとなります。

クリスマスが終了すると同時に、スーパーやショッピングモールでは、バレンタインデー用の特設コーナーが設置され、ピンクや赤のハートの商品やデコレーション、お菓子などが販売されます。

12月末から2月中旬までバレンタインデーを謳う企業が多く、販売促進の為に一役買ってくれるイベントとなります。

March 3月

3月は「St. Patrick’s Day(セント・パトリックス・デー)」というアイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックを祝うイベントがあります。

イベントカラーが緑色で、当日は緑色の服や小物を身につけ、みつばをモチーフにしたデコレーションを飾ります。

とにかく緑色がテーマとなり、食品や飲料類のグリーンバージョンが販売され、当日はコーンビーフを食べるという風習があります。

重要度はそこまで高くないイベントではありますが、マーケティングに利用できるイベントであることは間違いありません。

April 4月

4月に行われる「イースター(復活祭)」は、年間を通して大きなイベントのうちのひとつです。

近年は日本でも、アメリカのイースターを参考に、エッグハントやパステルカラーのグッズ、ウサギやたまごをモチーフにしたアイテムなどが販売されたり、SNSに載せるために可愛い料理を作ったりと、若い層や子育て層を中心に有名になってきました。

アメリカもほぼ同様ですが、日本と異なるのはキリスト教のイベントとなるため、クリスチャンが多いアメリカでは、クリスマスと同じように大切な意味を持つイベントです。

バレンタイン後の2月中旬から、4月上旬まではイースター関連でマーケティングを行えます。

また春めいた気候になるので、イースターと春を関連付けてマーケティングを行なっても良いでしょう。

May 5月

5月は「Mother’s Day(母の日)」があり、日本と同様にお母さんに感謝を込めて、お花などを贈り、一緒に食事をしたりします。

母の日のマーケティング方法は日本と同じと考えて問題ないので、他のイベントと比べて施策などが考えやすいかと思います。

また5月4日は映画スターウォーズの名言「May the force be with you」をもじって「May the 4th(5月4日)be with you」とし、スターウォーズ公式の日とした「Star Wars Day」があります。

翌日の5月5日は「Cinco de Mayo(シンコ・デ・マヨ)」というメキシコの大きな祝日で、メキシコ移民が多いアメリカなので、デコレーションを施しメキシコ料理にテキーラを飲み盛大にお祝いする地域もあります。

ニッチなイベントであっても、匠にマーケティング手法として上手に取り入れ、売上アップへと繋げるアメリカ企業もたくさん存在します。

 June 6月

6月は「Father’s Day(父の日)」があり、母の日と同様に日本とアメリカでイベントの内容に大差はありません。

お酒やBBQグッズ、アウトドア用品など、趣味関係のギフトを贈る場合が多いです。

またアメリカでも日本同様に、残念ながら母の日よりも盛り上がりに欠けてしまう父の日なので、マーケティングを強化することでまだまだ成長を見込めるイベントとなります。

また州や地域により異なりはありますが、6月から7月上旬頃に学年納めとなり、2ヶ月〜3ヶ月ほどの長期的な夏休みに突入するので、夏休みにちなんだ施策を打ち出せる時期でもあります。

July 7月

Independence Day(アメリカ独立記念日)」は、アメリカ国民にとって非常に大切な祝日となります。

花火が打ち合ったり、各地でイベントが開催されていたり、国を上げて独立記念日をお祝いします。

この時期に合わせて、さまざまな企業がセールを開催します。

アメリカでは夏のセール時期という認識で、春夏のシーズンアイテムをセール価格で販売する場合が多いです。

また2023年は女子ワールドカップが開催されるので、このタイミングを狙ってたプロモーションを打ち出す企業が多くなると考えられます。

August 8月

8月は特に目立った大きなイベントがないので、夏にスポットを当てたマーケティングを行うと良いでしょう。

また8月から9月にかけて夏休みが終了し、新学期が始まります。

その為に、学校で必要な文房具や衣類、靴やバッグ、ランチグッズなどを新調する風習があり、スーパーやショッピングモールでは特設コーナーが設置される場合が多くあります。

Back to School」という名称のイベントとなり、学生にスポットを当てたマーケティングを行いましょう。

September 9月

Back to Schoolの時期が終了すると「ハロウィーン」の時期に突入します。

9月と10月はハロウィーンと秋に関連させたマーケティングを行うと良いでしょう。

ハロウィーンの経済効果は著しいもので、デコレーションのためのインテリア業界、コスチュームを販売するイベント業界やアパレル業界、お菓子などの食料品やソフトドリンクやビールなどの飲料関連、かぼちゃや生花などを栽培している農家などと、多岐に渡るビジネスに影響を与える大イベントとなります。

October 10月

10月に入るとさらに盛り上がりを見せるハロウィーンです。

ショッピングモールなどの商業施設では、ハロウィーンの可愛いデコレーションが施されていたり、ハロウィーンのイベントが行われていたりと、外出を促すようなマーケティング方法で消費者の購買意欲を高めていきます。

またハロウィーンと併用して、11月に行われるサンクスギビングのマーケティングも始まります。

November 11月

11月に入ると本格的に「サンクスギビング(感謝祭)」に向けたマーケティングが開始されます。

毎年、第3木曜日がサンクスギビングとなりますが、その翌日の金曜日が「ブラックフライデー」翌週の月曜日が「サイバーマンデー」となり、年間を通して1番の大きなセールが開催されます。

近年ではブラックフライデー・サイバーマンデーを一括りとし、11月に突入するとフライングでセールを行う企業が増えてきました。

消費者の購買意欲が最も高いこの時期は、アメリカ国民の財布の紐が緩くなり、この時期の売上次第で1年間の利益に大きな影響を及ぼすので、必ずこの時期はマーケティングの強化を行いましょう。

またクリスマスプレゼントをこのセールのタイミングで購入するアメリカ国民が多く、クリスマス商戦も併用した内容のマーケティングを行うことで、さらなる売上のアップを見込めるでしょう。

関連記事

1年間で最大のセールとなるアメリカの「ブラックフライデー&サイバーマンデー(BFCM)」で確実な売上を作りたい、アメリカでEC事業を運営している日本企業にご覧頂きたい記事です。 アメリカ中の消費者がいっせいに大量の買い物を行い、高額な[…]

December 12月

12月はアメリカ国民が最も愛するイベント「クリスマス」です。

アメリカでは、サンクスギビングの時期頃から日本の年末年始のような雰囲気となり、街中がクリスマスを祝うモードとなります。

またブラックフライデー・サイバーマンデーからの流れで、年末セールがスタートし、11月と12月の2ヶ月間もの間セールを開催している状況となります。

特に小売業者はこの2ヶ月間で、1年の売上を確保する勢いでこの時期のセールに臨みましょう。

公式な祝日はクリスマスのみですが、クリスマス前後は日本の年末年始と同様に会社や学校が休みとなります。

ですので、旅行や帰省を行うためにアメリカ国民の移動が多くなったり、休み期間中に時間や暇を持て余す人々が、商業施設や娯楽施設に出向いたり、家族で外食へ行ったりと、多くの人々が外出を行うので、日本のお正月のような経済効果があります。

関連記事

アメリカでビジネスを行っていたり、取引相手がアメリカの企業の場合、現地の祝日やイベント行事を把握することは円滑なコミュニケーションを取ったり、売上を確保する上で非常に重要だと言えます。 年間を通したアメリカの祝日やイベント行事を把握す[…]

2023年のアメリカのイベントマーケティングカレンダー

まとめ

2023年のアメリカの祝日やイベント行事をご紹介しました。

祝日やイベント行事に関連させたマーケティングを行い、アメリカでビジネス成功を収めましょう。

実際にアメリカに住んでいなかったり、アメリカのマーケティングを行える担当者がいない場合は、マーケティング業務を業務委託させると良いでしょう。

オンラインアシスタント/Emily では、アメリカ在住の日米バイリンガルがアシスタントとして所属しており、マーケティングに特化した人材とチーム編成で、アメリカでのマーケティングを代行することが可能です。

また、マーケティング業務の一部を代行することも可能なので、理想的な形の代行サービスを提供できます。

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG