米国でのメールマーケティングにオススメなMailchimpとは?

Mailchimp

アメリカでビジネスを成功させるために、必須の施策として「メールマーケティング」が挙げられています。

メールマーケティング」用のツールは様々ありますが、日本の中小企業がアメリカで「メールマーケティング」を行いたい場合におすすめなツールが「Mailchimp(メールチンプ)」です。

無料で始められるプランがあり、無料ながらドメインが取得できたりと、世界中で利用されている「メールマーケティング」のプラットフォームです。

この記事では、その「Mailchimp(メールチンプ)」のプランの料金や機能・特徴、どのように運用すれば良いのかなどのポイントを詳しくご紹介致します。

関連記事

ビジネスを行う際に、タスクやプロジェクト管理、社内コミュニケーション、スケジュール管理などを、ツールやアプリなどを利用して簡潔化したいと考えている方も多いことでしょう。とはいえ、どのようなツールやアプリ、プラットフォームを利用すれば[…]

アメリカでのビジネスにおすすめなツールやアプリ
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

メールマーケティングとは?

電子メールマーケティング (でんしメールマーケティング、英: email marketing)は、電子メールを使用して、特定のグループの人々に広告メッセージを送信する行為である。潜在的または現在の顧客に送信されるすべての電子メールは、電子メールマーケティングと見なすことができる。この用語は現在または以前の顧客との商売上の関係を強化し、顧客ロイヤリティ向上とリピーター増加を行い、新規顧客の獲得、既存顧客からの追加注文、そして広告の共有を行うために電子メールメッセージを送信することの意味で使われることが多い。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

アメリカではCCPAにより「Cookie規制」が開始し、以前のようにターゲティング広告などのWeb広告でサイト訪問を促すマーケティング方法に罰則が発生する可能性もあり、慎重に扱う必要性があります。

これによりメルマガのような、メールアドレスを用いた「メールマーケティング」で集客を行う状況が、以前にも増すようになりました。

関連記事

アメリカでB to Cでビジネスを展開している日本企業や、これからアメリカでB to Cでビジネスを展開したい日本企業の方に重要となる施策があります。その重要な施策とはメールマーケティングです。アメリカでのビジネスで、非常に重要とな[…]

Mailchimpとは?

概要

メールチンプ (MailChimp) は、電子メールを用いたマーケティング技法であるメール広告サービスの自動化プラットフォーム、またこれを運営している2001年創業のアメリカ合衆国の企業である。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

MailChimphaは「メールマーケティング」を行う際に使用するに相応しい高機能なプラットフォームです。

低価格ながら多岐に渡る機能を利用することができ、無料プランも用意されていることから、世界中の企業が「MailChimp(メールチンプ)」を用いて、「メールマーケティング」を行っています。

費用

FreeEssentialStandardPremium
$o/月$11〜/月$17〜/月$299〜/月

メールアドレスの保有数(登録数)により料金が異なります。(上記料金は保有数500の場合)

無料で使用できるプランは最大500のメールアドレスが保有でき、それ以上になると有料プランへの変更が必要となります。

詳しい料金は公式サイトをご覧下さい。

特徴

FreeEssentialStandardPremium
各種特徴
マーケティング CRMFreeプランの全ての機能Essentialプランの全ての機能Standardプランの全ての機能
クリエイティブアシスタントメールとランディングページのテンプレート動的コンテンツ高度なセグメント
ウェブサイトビルダーカスタマージャーニービルダー送信時間の最適化キャンペーンテスト
Mailchimpドメインカスタムブランディング行動ターケティング比較とレポート
フォームとランディングページ24時間チャットとメールのサポートカスタムテンプレート無制限のシートと役割ベースのアクセス
ABテスト電話で優先的なサポート
最大保有アドレス
50050,000100,000Custom
送信メッセージ数
2,500通/月登録者数の10倍登録者数の12倍登録者数の15倍

メッセージの送信可能数は、各プランによって異なりEssentialで500メールアドレスを保有するプランの場合であれば、500×10で5000通/月となります。

Mailchimpでどのプランを選択すれば良いか

各プランの費用や特徴などをお伝えしましたが、では実際に「MailChimp(メールチンプ)」を使用するとして、どのプランに登録すれば良いのでしょうか?

各プランごとに利用目的に合わせてご説明していきます。

Freeプラン

  • ランニングコストを抑えたい場合
  • アドレス保有数が少ない場合(500アドレス以下)

このような場合は、Freeプランで問題なく利用して頂けます。

とにかく低コストでメールマーケティングを始めたい、顧客がまだ少ない企業にピッタリなプランです。

FreeプランでもMailchimp社のドメインが付与されたりと、無料とは思えない充実した内容です。

Essentialプラン

  • アドレスの保有数が500件以上の場合
  • メールやランディングページの固定テンプレートが必要な場合
  • カスタムブランディングやカスタマージャーニービルダーを希望する場合
  • Mailchimpよりチャットやメールのサポートを受けたい場合

このようにFreeプランより、もう少し自由度を高く持って利用したい場合は、Essentialプランの利用をおすすめします。

メールアドレスが500件以上保有できるので、顧客が多くなってきた企業に合ったプランだと言えます。

またMailchimp社のサポートを受ける事ができるので、マニュアルを読んでも分からないなどの心配がないのも良い点でしょう。

Standardプラン

  • 自由度の高いオリジナルのテンプレートを利用したい場合
  • アドレスの保有数、配信数が多い場合
  • 送信時間の最適化を図りたい場合
  • 動的コンテンツを利用したい場合

Standardプランは、さらにプロフェッショナルな内容となります。

ビジュアルにこだわりがあったり、メールマーケティングを通じてエンゲージメントを確立したい場合などに利用すると良いでしょう。

これくらい多くの機能を利用しようとすると、初心者の場合は少し難しく感じてしまうかもしれません。

社内にメールマーケティングに詳しいスタッフが在中している場合や、メールの送信回数が著しく多い企業に合ったプランだと言えるでしょう。

Premiumプラン

  • 高度なセグメントを必要としている場合
  • キャンペーンテストを行いたい場合
  • 詳しいレポートからメールマーケティングを分析したい場合
  • コールセンターのサポートで素早く問題を解決したい場合

Premiumプランでは、メールマーケティングで必要となる比較や分析などのレポートが準備されています。

また高度なセグメントで、よりユーザビリティを考慮したメールマーケティングが可能となります。

多くのプロフェッショナルな機能があるので、メールマーケティングに本腰を入れている企業や、予算が十分にありメールマーケティングに重点を置こうと考えている企業におすすめなプランです。

※現時点ではMailchimpのHPや全てのプランでの日本語対応はありません。

メールマーケティングを成功へと導くポイント

アメリカで「メールマーケティング」を成功させる為には、こだわった内容のコンテンツを作成する必要があります。

またコンテンツを正しい英語で作成することが、最も重要なポイントとなります。

自動翻訳ツールを利用したコンテンツ作成の場合、少し違った内容に翻訳されていたり、ネイティブが使わない表現だったり、残念ながらやはり人間が作成した内容とは異なってしまいます。

メールマーケティング」は文章でのアプローチが全てなので、少しでも変だったり誤りのある英語が文中にあった場合、信用度が下がる可能性や、コンバージョンに影響が出る可能性も高いでしょう。

またスパムなどの迷惑メールと判断される場合もあるので、正しい英文の作成が必須となります。

社内にネイティブスピーカーやバイリンガルが在籍している場合、その方がコンテンツを担当することが好ましいでしょう。

ですが、英語のネイティブだとしても、コンテンツを作成することは得意・不得意が分かれてしまう作業なので、ネイティブだからと言って、適した英語のコンテンツが作成できるとは限りません。

もし社内にネイティブスピーカーやバイリンガルがいない場合や、社内でコンテンツを担当できる人材が居ない場合、どのようにして良質な英語のコンテンツを作成すれば良いのでしょうか?

それはオンラインアシスタントに、コンテンツの作成や翻訳など一部の作業、もしくは「メールマーケティング」自体を外注することです。

オンラインアシスタントに業務委託する

オンラインアシスタントは、一部業務や全ての業務を担ってくれるサービスです。

リモートワークなど昨今の労働のしかたの変化に伴い、現在アメリカでオンラインアシスタントは主流となっている外注方法の一つです。

この方法で英文コンテンツの作成や「メールマーケティング」を、オンラインアシスタントへ業務委託を行えば良いでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyでは、日米バイリンガルが所属しており、翻訳や通訳などを専門に活躍しているアシスタントが多く在籍しています。

また「メールマーケティング」の全体的な運用を得意とするアシスタントも所属しているので、日本企業側と日本語で打ち合わせを行い、英語でコンテンツを作成、配信や分析まで一通りの作業を行うことも可能です。

このようにコンテンツ関連を外注する方法や「Mailchinp(メールチンプ)」の登録や設定などセットアップを外注する方法、全体的なメールマーケティングをまるっと外注する方法など、様々な状況で臨機応変に対応することができます。

英語やアメリカのビジネスに不安がある企業でも、日本企業で働いた経験がある日米バイリンガルのアシスタントが細やかにサポートするので安心です。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっている場合、社外の人材にリモートで業務サポートを担ってもらうことは極めて一般的です。そのような業務委託を行う際に利用するのが「バーチャルアシスタント」というサービスとなります。この記事では、バーチャ[…]

まとめ

アメリカで「メールマーケティング」をする際に便利なツール「Mailchinp(メールチンプ)」についてご紹介しました。

メールマーケティング」は現在アメリカの市場で、なくてはならないアプローチ方法ですので、是非導入して頂きたい施策です。

Mailchinp(メールチンプ)」を利用する際や、コンテンツ作成時には英語が必要となりますので、英語に自信がない場合は、日米バイリンガルが所属するオンラインアシスタント/Emilyなどの外部サービスを利用して「メールマーケティング」を運用することで、アメリカ市場での売上アップへと導けることでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG