コンバージョンアップのためのロングテールキーワード戦略とは?

アメリカでビジネスを行う場合、WebサイトやSNSなどインターネットを介して自社商材やブランドをアピールする必要があります。

インターネット上でキーワード検索を行った際に、ユーザーが求めている正しい情報が容易に検索できた場合、その情報に対してユーザーの満足度が高くなるため、Webサイトやブログ、SNSなどでこのキーワード戦略をしっかり行うことで商品購入やサービス購買などより良いコンバージョンへと繋がります。

この記事では、アメリカ市場でコンバージョンアップを図るために重要な「ロングテールキーワード」について解説、活用方法をご紹介しています。

関連記事

アメリカでのビジネスにおいて、商品やサービスを紹介し、販売に繋げるウェブサイトは大きな役割を担っています。売上を獲得するためにさまざまな施策を行うかと思いますが、ウェブサイトを運営するにあたって、コンバージョンの設定とコンバージョン[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは一単語のみのキーワードではなく、3語以上の複数単語を組み合わせたキーワードを指します。

例えば「フライパン」はビックキーワードと呼ばれる一単語のキーワードで「フライパン 日本製 くっつかない 軽い 保証付」は3語以上の複数単語からなるロングテールキーワードとなります。

なぜロングテールキーワードが必要となるかというと「フライパン」のみのキーワードの場合、大手企業や老舗企業がすでにSEO強化している場合がほとんどで、新規参入企業や中小企業の場合がこの単一であるビックキーワードをオーガニック検索で上位に表示させることは至難の技です。

インターネット広告やAmazonなどのECプラットフォームで、検索上位に表示させるために広告を打つことは可能でありますが、ビックキーワードの場合コストが高くなるケースが多く、高額な広告費用が必要になる場合があります。

このように高度なSEO対策や広告費用を必要とするビッグキーワードではなく、複数単語を組み合わせるロングテールキーワードを意識することで、ユーザーに商品やサービスのリーチを行いやすくします。

関連記事

アメリカで物販ビジネスを行う際にAmazon USへの出品は必ず行うべき施策だと考えられています。Amazon USでのビジネスを成功させるために重要な要素の一つとして「どのような商品を消費者が求めているのか?」を知ることが非常に重[…]

特にEC事業の場合、ユーザーが求めている商品やブランドが検索上位に掲載されていると、ユーザーは容易に検索できた上位のWebページに訪れ購入に至るケースが多いのです。

ブログなどのコンテンツも同様にキーワード検索した際に、検索上位に掲載されているWebページをアクセスする場合がほとんどです。

ですのでビッグキーワードを狙うのではなく、ニッチであったり少数的なキーワードからWebサイトにアクセスを誘導するためにロングテールキーワードを強化ましょう。

ロングテールキーワードの見つけ方

ではどのようにロングテールキーワードを選定すれば良いでしょうか。

自社の商材に関連するキーワードの案出し、類似品・競合他社の商材を参考にキーワードのリサーチを行うのも良いでしょう。

またロングテールキーワードを見つける為に利用できるサービスもあるので、そのようなプラットフォームを利用してキーワード選定を行うのも良いでしょう。

Google Keyword Planner

Google Keyword Plannerは、基本的に無料で利用可能で検索ボリュームを知ることが出来たり、関連キーワードの提案などを行ってくれるプラットフォームです。

ひとつ注意が必要なのがGoogleに特化しているので、Google以外の検索エンジンの情報を得ることができないと言う点です。

ただアメリカではほとんどの人がGoogleを利用しているので、Googleを利用していない一部層の情報を入手することが出来ないだけなので、それほど心配する必要はありません。

Helium 10

Amazon USに商品を出品している場合は、Helium 10を利用してキーワードの選定を行うことが可能です。

関連するキーワードの選定や不要な単語や接続詞の削除など、キーワードの最適化を行ってくれるツールが備わっています。

関連記事

アメリカのAmazonでの商品販売には大きなポテンシャルがありますが、膨大な数のライバルとの競争に勝つには地道で骨の折れる努力が必要です。そこで役に立つのが、強力なAmazon店舗運営支援ツールの「Helium 10」です。[…]

Amazon Sponsored Ad Search

Amazonで既に広告を掲載している場合は、Amazon Sponsored Ad Searchのレポートから検索されたキーワードを知ることが可能です。

またオートターゲティングを利用することで、Amazonが広告を関連性の高い検索用語や商品と一致させてくれます。

ロングテールキーワードの活用方法

ロングテールキーワードを活用すると言うことは、SEO対策に大きな影響を与えます。

また検索ボリュームはビッグキーワードに比べ少なくなりますが、ロングテールキーワードの場合、競合が減り検索意図が明確なため、検索で上位表示することが可能となりコンバージョンに繋がりやすいと考えられています。

ロングテールキーワードを活用したWebページやブログなどのコンテンツを作成すれば、個々ページの検索ボリュームは少なくとも、ページ数・コンテンツ数を確実に増やしていくこと自社ドメインを強化することができます。

またロングテールキーワードを使用し良質なWebページを作成することで、検索エンジンにインデックスできるので、Web検索で上位に表示される可能性が高くなります。

ある日突然、爆発的なアクセスやコンバージョン増加を期待できる施策ではありませんが、ロングテールキーワードを意識したSEO対策を行うことで、着実なアクセスの増加とコンバージョンの増加を期待できるでしょう。

オンラインアシスタントに業務委託

ここまでロングテールキーワードについてご紹介しましたが、アメリカでビジネスを行ううえで注意が必要なのが、キーワードの選定方法です。

日本語を翻訳機能を用いて英単語へ翻訳すると、異なる意味の単語になってしまったり、ネイティブが使わない英単語の表現になってしまう場合があります。

キーワードを選定する際は、必ずネイティブ(アメリカ英語)レベルの人物がチェックした方がいいと言えるでしょう。

またロングテールキーワードでの検索に関して、日本とアメリカで異なる点もあります。

日本のロングテールキーワードの場合「フライパン 日本製 くっつかない 軽い 保証付」ですが、英語のロングテールキーワードの場合「What is a non-stick, light and guaranteed Japanese frying pan?」のように文章にして検索する文化があります。

このように検索エンジンに対してのキーワード選定などのSEO対策が、日米では異なるのでアメリカのビジネスや文化に精通した人物がキーワードを選定した方がいいと言えるでしょう。

現在アメリカで主流となっているオンラインアシスタントを利用して、自社商材やブランドに相応しいロングテールキーワードを選定してもらうと良いでしょう。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

オンラインアシスタント/Emily

ロングテールキーワードのようなキーワード選定を現地アシスタントに外注する場合、依頼者である日本企業が英語でコニュニケーションを取る必要が生じます。

翻訳ツールなどを利用してコミュニケーションを図ろうとする場合もあるかと思いますが、やはり翻訳ツールでは細かいニュアンスなど正しく伝わらない状況が多くあります。

キーワード選定は商材やブランドを周知するきっかけに非常に大切な項目なので、言語によりこの大切な項目にブレやミスが生じては元も子もありません。

英語でコミュニケーションを取ることが難しい場合、日米バイリンガルが所属するオンラインアシスタント/Emilyがおすすめです。

在籍するアシスタントはアメリカ在住なので、アメリカのビジネスや文化を深く理解しており、日本の商材やブランドをアメリカに合わせた内容へとキーワード変換することが可能です。

また日本企業に勤めた経験があるアシスタントが多く、日本企業レベルな丁寧で親切なサポートを提供しています。

まとめ

この記事ではロングテールキーワードについてご紹介しました。

商品ページやコンテンツを作る際に、ロングテールキーワードを意識することでアクセス数やコンバージョンの増加を見込めます。

すぐ結果に繋がるわけではないので後回しにしてしまいがちですが、長期的に見ると着実にコンバージョンへ繋がる施策なので、より早めの段階でロングテールキーワードを意識したページ作りを行いましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG