日本企業がアメリカでEC事業をスタートさせる方法を詳しく解説!

日本企業がアメリカでEC事業をスタートさせる方法を詳しく解説

現在、アメリカではオンラインショッピング業界が以前にも増して非常に盛り上がっています。

新型コロナウィルス感染防止の為に実施されたロックダウンの影響から、外出制限が行われ、買い物に行く事もままらない状況が続きました。

その際にオンラインで買い物をするカスタマーが急増しました。

ロックダウン終了後も、オンラインで買い物をできる事の便利さに気づいた多くのカスタマーが、現在も引き続きオンラインで買い物を行なっている状況です。

 

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

今アメリカでのEC事業は狙い目!

冒頭でお伝えしたようオンラインで買い物をするカスタマーが増えた事により、現在アメリカではEC事業が盛んです。

それではアメリカ国内で盛り上がっているEC業界で、日本企業が参入した場合、果たして成功するのだろうか?と疑問に思われる方も多いでしょう。

今現在、日本企業がアメリカのEC業界に参入する事は絶好のタイミングだと言えるでしょう。

こちらの記事では、なぜ絶好のタイミングなのか?という内容をご紹介しております。

関連記事

近年、国内のEC市場は飽和状態で中小企業が新規参入した場合、大企業や老舗ECサイトには敵わない場合が多く見受けられます。仮にECに充てる予算が十分にあり、専門性の高いメンバーを集め、そのチームが一丸となれば、大企業や老舗ECサイトに[…]

 

日本企業がアメリカに進出する際に必要な事

日本企業がアメリカ進出する際に必要な項目は、大きく分けて8項目あります。

  1. 会社設立地域の選択
  2. 会社名の決定及び定款の登録
  3. 連邦雇用者番号(EIN)の取得(Federal Tax IDナンバーの取得)
  4. ビジネスライセンスの取得
  5. tatement of Informationの申請
  6. 株式の発行
  7. 州雇用者番号の取得(State Tax IDナンバーの取得)
  8. 「BE-13」(または「BE-13書類提出免除」)の提出

項目のタイトルだけを見ると難しいように感じますが、項目に沿ったステップを踏んで、着実に進めていけば問題ありません。

8項目の詳しい内容とアメリカでの会社設立方法は、こちらの記事でご覧頂けます。

関連記事

グローバル化の進展に伴いビジネスの海外進出の重要性が高まっている中、皆さんはどのようにして海外進出しようと考えていますでしょうか?ECの急速な発展により、海外拠点を持たずとも海外でビジネスを展開できるなど、事業の海外進出は以前と比べ[…]

 

日本企業がアメリカでEC事業を展開する方法は?

ではアメリカで会社設立が完了した後は、どのようにEC事業に乗り出すと良いでしょうか?

アメリカではAmazonがオンラインショッピングモールとして1番の売上を誇ります。

Amazonでの商品出品は必須だといえるでしょう。

またAmazonに出品していると、会社全体や商品の信用度が上がり、カスタマーからの不信感を払拭する事が可能です。

関連記事

拡大を続けるアメリカのEC市場の中でも、本国のAmazon USはとりわけ巨大なマーケットプレイスです。日本からも手軽に出品を行うことが可能なアメリカのAmazonで、成功に近づくために知っておきたい基礎知識をまとめました。[…]

 

その他に自社のECサイトを運営したいのであれば「Shopify」か「Wix」がおすすめです。

両プラットホームとも日本語バージョンもあるので、英語が苦手な方でもページを作成する事が可能です。

関連記事

EC事業の市場は、世界的に毎年右肩上がりとなっていますが、新型コロナウイルス感染拡大後から、さらにEC事業は急速にその存在感を大きくし年々成長しています。現在では小売事業者の場合、ECサイトの運営は必須だと考えられており、さらに日本国内[…]

 

アメリカでEC事業スタート後の施策とは

ここからはアメリカでEC事業を開始後にどのようにして、売上を作っていけば良いのかをご紹介します。

  • SNS運用
  • WEB広告
  • カスタマーサービス連携

上記3点が特に重要な項目となります。

日本でEC事業を行なっている方であればイメージが簡単でしょう。

日本でも上記3点は重要な項目だからです。

ですが、アメリカだと少しソーシャルプラットホームが異なります。

例えばSNS広告、日本ではInstagramが最も有効だとされていますが、アメリカでは今だにFacebookを利用しているユーザーが多く、アメリカで事業を行う際にFacebookは有効なソーシャルプラットフォームだとされています。

アメリカの事業のマーケティングにおいてとても重要なのが、Facebook広告です。自社でキャンペーンを行なうこともできますが、より効果を上げたい場合には広告運用のアウトソーシングがおすすめです。

出典:米国でFacebook広告をアウトソーシングする方法

関連記事

アメリカ事業のマーケティングにおいて、とても重要なのがFacebook広告です。自社でキャンペーンを行なうこともできますが、より効果を上げたい場合には広告運用のアウトソーシングがおすすめです。この記事ではアメリカのFacebook広[…]

 

このように日米で有効なソーシャルプラットフォームが異なる事を学ぶ必要があります。

WEB広告、カスタマーサービス連携もSNSの事例と同様に、アメリカと日本では異なる場合が多く、アメリカ現地を深く理解する必要があります。

下記3つの記事で「SNS運用」「WEB広告」「カスタマーサービス連携」について詳しく解説しています。

関連記事

アメリカでのSNSの活用は、現地で活動する日本企業にとって重要課題です。しかし、「何から手をつけていいのかわからない」「人員不足で手が回らない」などと、頭痛の種になることが少なくありません。この記事では、アメリカでのSNS運用の重要[…]

アメリカでの日本企業のSNS運用
関連記事

国境や文化の違いを越えてアメリカで商品やサービスを売るためには、効果的なデジタル広告戦略が必要不可欠です。とはいえ、アメリカでの広告運用は日本国内とは異なる点が多く、運用のハードルが高くなってしまうのも事実です。アメリカでビ[…]

関連記事

現在アメリカではオンラインショッピング市場が急速に成長しています。それに伴い、数多くの日系企業もECサイトを運営していたり、本格的にEC市場参入のプロジェクトをスタートされています。ECサイトで売上アップを行う際に必要な項目[…]

カスタマーサポート

 

アメリカでのEC事業を効率化するために

アメリカでEC事業を行う際は作業量が非常に多く、さらには言語や文化の違いなども大きな壁となります。

その際に利用すると便利なサービスが「Amazon Helium10」「カスタマーサポート Zendesk」「オンラインアシスタント」です。

関連記事

アメリカAmazonでの商品販売には大きなポテンシャルがありますが、膨大な数のライバルとの競争に勝つには地道で骨の折れる努力が必要です。そこで役に立つのが、強力なAmazon店舗運営支援ツールの「Helium 10」です。労力を[…]

関連記事

ビジネスを行う際に顧客満足度を大きく左右する業務は「カスタマーサポート」だと言われています。多数の問い合わせにスムーズに素早く対応するカスタマーサポートを運営するために役立つのが、クラウド型支援ツール「Zendesk」です。[…]

関連記事

アメリカでのEC運営を適切に行なうのは、非常に大変な仕事です。ただでさえ多岐に渡る業務を抱えるEC運営、大量のタスクをこなす必要がある上に、日本とアメリカではビジネス環境が大きく異なるため、アメリカのビジネスにも慣れることも必須とな[…]

これらを利用する事でより効率的に、アメリカでEC事業を運営する事が可能となります。

 

アメリカでEC事業を成功させる秘訣

日本企業がアメリカでEC事業を行う際は、実務のみではなくアメリカの市場を深く理解する必要があります。

少し前に書いたソーシャルプラットフォームの違いなども、日本からでは把握する事が難しいポイントです。

インターネットで調べるアメリカ市場と、実際のアメリカ市場では状況が異なり、さらに日本語のみでアメリカ市場を検索すると偏った情報しか入手できません。

ですので、アメリカ現地に住んでいる英語が堪能なスタッフがいる事が、EC事業を成功へと導く大きな鍵となります。

 

その際に有効なのが、先ほどご紹介した「オンラインアシスタント」です。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日英バイリンガルがEC事業をサポートしてくれます。

さらにアメリカでEC事業を行う際に注意が必要な事が、アメリカでは州や地域ごとに、物価や流行しているもの、趣味趣向が大きく異なります。

日本より約25倍も広いアメリカなので「アメリカの情報」と、一言で済ます事ができません。

オンラインアシスタント/Emilyでは、西海岸から東海岸、南部地方から北部地方と様々な州に住むアシスタントが在籍しており、自身でリサーチできない情報などがある際は、他の州や地域に住むアシスタントに相談したり、適任者に一部作業を委託する事もあり、アメリカ全土の情報を集める事が可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アメリカでEC事業を開始する際に必要な項目や方法をご紹介しました。

これから益々盛り上がるであろうアメリカのEC業界で、日本企業が参入するのは難しい事ではありません!

今回ご紹介した内容で日本企業が、アメリカEC事業へ参入するきっかけとなれば幸いです。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG