アメリカで日本企業がクラウドファンディングを活用する方法

アメリカでクラウドファンディングを活用するには

クラウドファンディングは新しい資金調達の方法であり、特にアメリカ市場ではその重要性が年々大きくなっています。

中でもKickstarterIndiegogoといったプラットフォームが注目を集めている理由や、日本企業がどのように活用できるかに焦点を当てて紹介していきます。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

アメリカでのクラウドファンディングについて

クラウドファンディングは、多くの支援者が少額ずつ資金を提供し、プロジェクトを支援する手法です。アメリカでは、起業家やクリエイターが新しいアイディアや事業を実現するためや、個人のチャレンジに対する支援などに利用されています。

特にKickstarterIndiegogoGoFundMeなどが一般的で、個人や企業が創造的なプロジェクトに資金を提供するオンラインプラットフォームとして注目を集めています。

アメリカでのクラウドファンディングは資金調達の機会を拡大し、市場の検証に役立っています。起業家は支援者から直接的なフィードバックを得つつ、市場の需要を確認できます。

成功すれば資金調達が可能になるだけでなく、支援者とのコミュニケーションを通じて、将来的な事業発展につなげることができます。

なお、実際にアメリカの成功した各クラウドファンディングキャンペーンでは、平均して33,430ドルを調達していると言われており、ビジネスと起業への投資はクラウドファンディング投資全体の40%を占め、社会的支援・寄付に焦点を当てたものは20%ほどを占めるというデータがあります。

また、36%以上のアメリカ在住の人がクラウドファンディングで支援することには不慣れ・あまり関心がないとの調査結果もあるようです。

※参考
Successful crowdfunding campaigns raise an average of $33,430.
40% of crowdfunding investments are focused on business and entrepreneurship, while 20% focus on social causes.
More than a third of Americans (36%) are unfamiliar with crowdfunding.
Global growth of the crowdfunding market is expected to maintain a CAGR of 16% between 2020 and 2025.

Kickstarter と Indiegogoの比較

今回はビジネス支援における代表的なサービスをピックアップしますが、Kickstarterはクリエイティブプロジェクトに特に適しており、All or Nothingモデルの成功報酬型です。

一方でIndiegogoはガジェット系や先進的な商品を取り扱うことが多く、また柔軟な資金調達が可能で、幅広いプロジェクトに適しています。

アメリカ進出を検討する日本企業は、対象となる商品やプロジェクトの性質、資金調達の柔軟性を考慮し、どちらがビジネス目標に適しているかを検討するとよいでしょう。また調達する通貨によっても手数料が異なる場合があるので、注意が必要です。

Kickstarter

Indiegogo
概要人気のあるクラウドファンディングプラットフォーム幅広いプロジェクトに対応する柔軟性がある
知名度高いKickstarterに比べるとやや低い
手数料達成時は5%、未達成時は手数料なしで調達もなし。決済手数料あり。達成時は5%、未達成時は手数料あり(詳細な手数料体系あり)
サポートネットワークより厳格な審査と物理製品に特化したサポートデザインから配送までサポート可能
カテゴリ制限特定のカテゴリに制限があるカテゴリの制限が少なく、多岐にわたるプロジェクトが可能
プロモーション信頼性が高く、広く知られているためプロモーションが補助されるKickstarterに比べるとやや知名度が低いため、プロモーションがより重要
審査プロセスプロジェクトに関する詳細な情報が必要で、厳格な審査が行われる柔軟性があり、審査が比較的緩やか

※2023年11月現在

クラウドファンディングを成功させるためのポイント

ここでは、クラウドファンディングキャンペーンを準備するためのヒントや戦略を共有していきます。

目標の設定

具体的で現実的な資金調達目標や期間を定め、明確なメッセージを支援者に提供する。

魅力的なストーリーの作成

プロジェクトの背後にあるストーリーを感動的かつ分かりやすく伝え、支援者に共感を呼び起こす。

コミュニティの構築

キャンペーン前にソーシャルメディアやメールリストを活用して支援者のコミュニティを築く。

説得力のあるキャンペーンページ

視覚的に魅力的で、情報が分かりやすいページを作成。ビデオ、画像、説明文などを効果的に活用。

キャンペーンのプロモーション

キャンペーン前からソーシャルメディア、Eメール、広報などでプロモーションを展開。開始後も継続的な宣伝を行い、サポートを呼び込む。

 

クラウドファンディング成功の鍵は、具体的な目標と期間の設定、感動的なストーリーの伝え方、事前のコミュニティ構築、魅力的で分かりやすいキャンペーンページの作成、そして効果的なプロモーション戦略です。

これらを組み合わせて、支援者との共感を呼び起こし、成功に向けたサポートを広げましょう。

クラウドファンディングを将来的なアメリカでのビジネスで活かすには

継続的な関係構築: 支援者との絆を深める

キャンペーン中や終了後、支援者との継続的な関わりは先々のビジネスにおいて不可欠です。

感謝の意を示し、進捗報告や裏側のストーリーを共有することで支援者との絆を深め、将来のプロジェクトや商品に期待を寄せてもらえます。

フィードバックの活用: 支援者からの貴重な情報

支援者からのフィードバックは貴重な情報源です。キャンペーン後、アンケートや直接のコミュニケーションを通じて意見を収集しましょう。収集した情報を分析し、次回のプロジェクトやビジネス戦略の改善に活かすことで、支援者の期待に応えつつ、持続的な成功に繋げることが可能です。

イノベーションと差別化: 新しい価値を提供し、競争力を高める

クラウドファンディングを成功させるためには、他との差別化が不可欠です。将来的なビジネス展開では、競合他社との差別化を図り、市場に新しい価値を提供することが重要です。支援者にとって魅力的で、他にはない独自のアイディアや特長を打ち出すことで、成功の可能性が高まります。

グローバル展望と国際的な支援者の獲得: アメリカ国外からのサポートを考慮

アメリカ国内だけでなく、国際的な支援者を獲得することで、ビジネスの成長を促進できます。クラウドファンディングのプラットフォームを通じて世界中の支援者にアプローチし、国際的な展望を持つことで、事業の規模を拡大しやすくなります。国際的な市場への適応やニーズへの対応が、将来的な成功につながります。

これらの要素を総合的に考慮し、クラウドファンディングを単なる資金調達手段としてだけでなく、将来的な事業戦略の一環として捉えることが成功の鍵となります。

オンラインアシスタント/Emily

米国市場でのクラウドファンディングにおいて、日本企業が成功するためには、英語での明確なコミュニケーションと魅力的なプレゼンテーションが欠かせません。アメリカのトレンドや需要を理解し、信頼性と透明性を重視することも重要です。

アメリカ市場のリサーチや言語に不安や心配がある場合、アメリカ在住の日米バイリンガルが所属するオンラインアシスタント/Emilyがおすすめです。

オンラインアシスタント/Emilyでは、過去に、調理家電メーカーの新商品販売のPRと市場調査のために、Kickstarterのアカウント登録とページ作成をサポートしました。また、FAQの作成やカスタマーサポート、Social Ads(FB/IG/旧Twitter)の展開にも協力した実績があります。

今回ご紹介したプラットフォームを利用してアメリカ市場の情報収集を行い、自社のブランドや商品開発に役立てましょう。

関連記事

日本企業がアメリでビジネスの成功を収めるためには、アメリカ現地の適切な知識やスキルを持った人材と仕事を行うことが必須となりますが、アメリカで優秀な人材を採用することは非常に難しいとされています。そこで近年注目されているのが、「オンライン[…]

まとめ

今回の記事では、クラウドファンディングの活用方法について紹介しました。

目標の設定や感動的なストーリーの作成、事前のコミュニティ構築のほか、魅力的なキャンペーンページや継続的なプロモーションも重要です。市場調査としても活用できますので、これらの要素を組み合わせ、支援者を増やし成功を目指していきましょう。

関連記事

マーケットの拡大や外貨を得るべく、海外進出を考えている日本企業が近年さらに増加しています。以前まで越境ビジネスを行う国として中国が注目されていましたが、昨今ではアメリカがおすすめの越境ビジネスの地として挙げられるようになりました。[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG