【最新版】Amazon USでの売れ筋商品やニッチ商材の見つけ方

アメリカで物販ビジネスを行う際にAmazon USへの出品は必ず行うべき施策だと考えられています。

Amazon USでのビジネスを成功させるために重要な要素の一つとして「どのような商品を消費者が求めているのか?」を知ることが非常に重要です。

この記事ではAmazon USの商品トレンドや、大衆向けではないもののコアなファン層を獲得するニッチな商品の見定め方などをご紹介しています。

特に日本企業がアメリカ市場に参入する場合、コアなファン層が起爆剤となりニッチな商品の売上が伸びる可能性が高いので、販売する商品の選定が非常に大切だと言えるでしょう。

関連記事

昨今の急激な円安の状況から、外貨(特にアメリカドル)を取得しようと考えている日本企業が増えてきています。日本で運営しているサービスをアメリカでローンチしたり、飲食店の開業など様々な方法でアメリカへ進出している日本企業が現在、多く存在[…]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

日本とアメリカにおけるオンラインショッピングの違いとは?

日本でオンラインショッピングを行う場合、ECプラットフォームの特色が分散されているため、購入商品やポイント還元率などでプラットフォームの特徴を理解し、状況に合わせて使い分けているユーザーがほとんどです。

また男女や年齢で使用するECプラットフォームに異なりが生じていると言われています。それに比べアメリカのECプラットフォームは、ほぼAmazon一択と考えているユーザーが大半です。

Amazon USで見つからないものはないと思われているほど、多岐に渡る様々な商品が出品されています。

もちろんECプラットフォームがAmazonしかないのではありませんが、他のECプラットフォームがズバ抜けて特徴が異なる訳ではないので、Amazon以外で商品を購入しようと考えるユーザーは少数となります。

このようにアメリカでは商品やベネフィットにより購入するECプラットフォームの使い分けを行わないため、日本のAmazonに比べアメリカのAmazonでは多岐に渡る様々な商品の需要があります。

2024年にAmazon USで狙うべき商品とは?

Amazon USで商品を販売し売上を得るためには、プラットフォーム内でどのような商品がトレンドでユーザーが購入しているかをリサーチすることが必要不可欠だと言えます。

【Amazon USのカテゴリ別売れ筋商品】

また他のECプラットフォーム(Walmart, eBay)などのトップセラーをベンチマークとして参考にすることも、Amazonで売れ筋商品を探し出す有効な方法だと考えられています。

60ドル未満で販売されている商品の場合、ユーザーが衝動買いしやすいと言われており、深く考えず購入に至るケースが多いので、高額商品より安価な商品の方が衝動的に購入してもらえる可能性が高いです。

下記はAmazon USで人気が高いカテゴリとなります。

  • アパレル(衣料品・アクセサリー)
  • 美容
  • 赤ちゃん用品
  • 書籍
  • 電子機器
  • フィットネス
  • ガーデン&アウトドア
  • 健康
  • ホーム&キッチン
  • おもちゃ

自社製品が人気の高いカテゴリの場合、Amazon USで需要が高いと考えられますが、逆にいうと競合他社も多く新規参入の場合はライバル商品に勝つのが難しくなってしまう場合もあります。

関連記事

日本企業がアメリカでのEC事業を展開する上で、まず候補に上がるのがAmazon USです。気軽に始められ、大きなセールスにつながる可能性がありますが、その分競争も激しい環境です。数多くのベンダーがいる中で消費者の心をつかむには、何が必要[…]

Amazon USで売り上げを伸ばすには?

ニッチな商品を見つけるには?

需要の高い商材の場合はやはり競合他社も多くなってしまい、Amazon USの検索サーチにてユーザーが検索した際に商品が見つけにくくなってしまいます。

そこで需要も供給もそれほど高い訳ではなく、ある一定層にアプローチできるニッチな商材を販売する事がAmazon USで成功を掴むカギだと言われています。

またAmazon USでは、Amazonのサイトに直接アクセスし検索するユーザーが多いので、ロングテールでヒットするようにSEO対策を行うと、ニッチな商材にリーチする可能性が高いです。

例えば包丁を売りたいとして「knife」とAmazon US内で検索した場合、40,000商品以上ヒットする供給の高い商品となります。

ですが「best kitchen knife japanese steel made in japan」のようにロングテール検索を行うと700商品ほどに減り、販売したい包丁が同じだとしても約60%もその他の包丁が減少します。

ニッチな商材を探すことで競合他社を少なくし商品を売りやすくしますが、ニッチな検索キーワードに対応させることも、ニッチな商品を販売する一歩だと言えるでしょう。

良い商品をチェックするための基準とは?

Amazon USで販売したい商品が下記の項目を満たしている場合、その商品は収益を得るためにマッチしていると言えるでしょう。

  • 需要がある商品
  • 収益性の高い商品
  • 保存が簡単、もしくは腐りにくい商品
  • 企業が成長するきっかけを得る商品

需要がある商品

アメリカ国内と日本での商品需要は異なります。アメリカ市場や現地トレンドを十分にリサーチし、アメリカで売れる可能性が高い商品を見極めましょう。

収益性の高い商品

競合他社や類似商品を参考に販売価格を設定する事となりますが、その際に理想とする利益を得ることができるか判断しましょう。

日本の商品を販売する際は、関税や輸送費、商品管理費などが必要となるので、薄利多売な商材はアメリカで販売するには不向きな場合があります。

保存が簡単、もしくは腐りにくい商品

物質が小さいく軽い、特殊な保存の必要がないものが良いとされます。特にFBAへ納品する場合、商品のサイズと重さで費用が異なるので、小さく軽い商品だと手数料を抑えることが可能です。

食料品や腐食する可能性がある商品など、管理が難しい商材も注意が必要です。

アメリカの配送業者は、日本のように翌日や翌々日に配送されませんし時間指定もできないため、賞味・消費期限が短い商品の場合はAmazon USで販売するには不向きと言えるでしょう。

企業が成長するきっかけを得る商品

アメリカ市場を未開拓な場合、商品やブランドが企業イメージを決定するものとなります。

商品やブランドをきっかけに企業に興味や関心を持ってもらえるよう、企業アピールできるような商材をAmazon USで販売しましょう。

ターゲット・オーディエンスの求めている商材を知る

データ分析のツールを使用して、消費者が求めている商材かどうか判断することも可能です。

Amazonのセラーセントラルで提供されているレポートなどの分析ツールを利用して、商品分析を行うことは必須ですが「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」「Facebook Insight(フェイスブック・インサイト)」など外部の分析ツールを利用してデータを得ることで、アメリカ市場に相応しい商材かどうかを確認することも可能です。

Amazon内に外部の分析ツールを組み込むことはできませんが、自社HPを所有している場合は「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」を、InstagramやFacebookで企業やブランドアカウントを運用して場合は「Facebook Insight(フェイスブック・インサイト)」を活用して、アメリカのユーザーを分析できるようデータ収集を行いましょう。

関連記事

拡大を続けるアメリカのEC市場の中でも、本国のAmazon USはとりわけ巨大なマーケットプレイスです。日本からも手軽に出品を行うことが可能なアメリカのAmazonで、成功に近づくために知っておきたい基礎知識をまとめました。[…]

外部ツールを活用して売れ筋商品をリサーチ・競合分析する

アメリカではAmazonアカウントと連携させて、ツールが持つ拡張機能を活用して売り上げを伸ばしたり、リサーチをすることができます。

代表的な外部ツールに「Helium 10」や弊社でも活用している「Tool4Seller」などがあり、自社のAmazonアカウント向けに在庫管理や広告管理の支援機能のほか、市場分析・競合分析・キーワード分析などができるため、「どの競合商品が月にどのくらい売れているのか、どのような価格推移で販売しているのか」などのリサーチをすることが可能です。(※これらの情報は推測も含みます)

関連記事

アメリカAmazonでの商品販売には大きなポテンシャルがありますが、膨大な数のライバルとの競争に勝つには地道で骨の折れる努力が必要です。そこで役に立つのが、強力なAmazon店舗運営支援ツールの「Helium 10」です。労力を[…]

オンラインアシスタント/Emily

アメリカのAmazonへ商品を出品する際のポイントや売れる商品の選定方法をお伝えしましたが、やはりアメリカの市場やトレンド、文化などをよく理解しリサーチを行うことが、アメリカで売上を得るための商品を販売することへと繋がります。

Amazon USへ出店を考えていたり、進出したばかり、進出したものの伸び悩んでいる場合、オンラインアシスタントを利用して販売する商品のリサーチや選定を行うと良いでしょう。

オンラインアシスタントは、昨今アメリカで大注目されている業務の委託や外注など外部からサポート提供してもらうサービスです。異国の地でビジネスを始める日本企業にとって、アメリカ現地のサポートを受けることは非常に心強く、アメリカ市場の知識がないまま闇雲にビジネスを行い伸び悩むリスクを回避することが実現します。

もし英語に不安がありアメリカ現地のオンラインアシスタントを利用するのに不安を抱く場合、日系のオンラインアシスタント/Emilyがお勧めです。

在籍するアシスタントはアメリカ在住の日米バイリンガルなので、アメリカのビジネスを熟知しており日本語でコニュニケーションを取ることが可能です。また様々な分野に特化したアシスタントが在籍しているので、どのような業務でも適任なアシスタントがサポートを行うため、多岐に渡るプロジェクトを達成することができます。

まとめ

Amazon USでの売れ筋商品やニッチ商材の見つけ方についてご紹介しました。アメリカのAmazonで売れる商品を見つけるためには、アメリカ現地のトレンドや世情を深く理解する必要があります。

現地の状況をリサーチするのが難しい場合や、言語に不安がある場合はオンラインアシスタントを活用して、サポートを行ってもらう事で、Amazon USで売れる商品を見出すことができるでしょう。

関連記事

2022年現在、全世界で970万人以上のセラーがAmazonへ出品していると言われております。数多くのセラーが世界中のAmazonへと出品しておりますが、Amazonの本拠地であるアメリカでは年間10万ドル以上の売上を得ているセラーは、[…]

Amazon KPI
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG