日本企業がアメリカEC事業へ進出!利用したいプラットフォーム4選

アメリカECおすすめプラットフォーム

アメリカでビジネスを行いたい場合、特に小売業者に必須だと言われているのがEC事業を展開することです。

毎年成長し続けているアメリカのEC市場ですので、アメリカで売上を確立したいのであれば必ず運営して頂きたい施策です。

アメリカのEC業界は2022年第2四半期は去年と比べて、7.3%成長したとアメリカ商務省より発表がありました。

また小売業全体の売上は6.2%アップと新型コロナウィルス発生後はじめて、実店舗でも前年度の売上高を記録しました。

出典:【最新版】データで見るアメリカ小売ECの現状と可能性

上記から分かるようアメリカでEC事業を運営することは、売上を作るためにとても重要だと言えます。

では、実際にEC事業を運営する場合、どのようなプラットフォームを利用すれば良いのかと思われることでしょう。

この記事では、アメリカ国内でEC事業を行う際におすすめなプラットフォームの解説を行います。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

日本企業がアメリカでEC事業を行うべき理由

冒頭でお伝えした通り、アメリカのEC事業は毎年着実に成長している市場です。

2019年2020年
アメリカ6,017億ドル7,945億ドル
日本1,235億ドル1,413億ドル

出典:令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)

この表からも分かる様に、日本のEC事業も成長を遂げていますが、アメリカと日本の両国を比較すると著しくアメリカのEC市場が成長しています。

また2020年以降アメリカでは、新型コロナウィルスによるロックダウンなどの外出規制の影響から、それまではオンラインショッピングを利用した事のない層がオンラインで買い物を行うようになり、EC市場が急成長し日常生活を取り戻した現在でも、引き続きオンラインショッピングを利用する人が多くいます。

 

アメリカのEC市場が成長し続ける理由

車社会のアメリカですので、わざわざ車でショッピングモールやスーパーマーケット、ドラッグストアなどへ出向く必要があります。

様々な目的地へ車を走らせるよりも、インターネットを介して買い物を行った方が効率的にも良いと考えているアメリカ人が多いです。

ニューヨークのように電車やバスが利用できるという便利なエリアもごく稀にありますが、おおよその場合、車の利用が必須となるアメリカですので、車を利用しなくても商品を購入することが可能なオンラインショッピングが便利だと感じ、年々利用者が増えています。

またブラックフライデーなどの大きなセール時も、人混みをかき分け長蛇の列に何時間もスタンバイするよりも、オンラインで買い物をした方が楽だということから、近年のブラックフライデーはオンライン一択という層も増えてきています。

このように車を利用する必要がなく便利で快適という理由から、アメリカのEC業界は毎年売上を伸ばす大きな市場へと成長を遂げています。

 

アメリカで利用されている主要プラットフォームとは?

ここからはアメリカでEC事業を開始する際、どのプラットフォームを利用して商品の販売を開始させれば良いかお伝えします。

アメリカの場合、主要なプラットフォームが日本とは大きく異なります。

日本の場合だと、楽天市場Yahoo!ショッピングAmazon Japanなどのプラットフォームを利用されている企業が多いでしょう。

2021年アメリカECプラットフォームランキング

出典:eMarketer

上記の表は2021年の小売EC業者のTop3です。

アメリカで最も売上を誇る大きなECプラットフォームは、日本でも人気を誇るアメリカの会社Amazonという結果になりました。

その次はWalmartが売上を獲得しているプラットフォームとなります。

Walmartといえば小売店のイメージが強いかと思いますが、実はAmazonのようにマーケットプレイスのシステムも持ち合わせているのです。

その他にeBayというフリマではないですが、販売方法がメルカリと似たようなプラットフォームが売上3位となっています。

eBayはオークション機能もあるので、Yahoo!オークションも兼ね備えているとお伝えするとイメージが行いやすいかと思います。

日本ではあまり馴染みがないeBayですが、Qoo10を運営している会社と言えば少し親近感を抱くかもしれません。

 

マーケットプレイスで言うとAmazon、Walmart、eBayがアメリカで売上Top3ですが、自社ECサイトの作成も必ず行って頂きたいです。

自社サイトを作成する為に使用するプラットフォームはShopifyがおすすめです。

初心者でも操作しやすい仕様になっており、さらにその他のサービスと相互性も良いので、自社に相応しい便利なアプリやシステムを追加することが可能です。

関連記事

アメリカで物販ビジネスを行う際は、自社でECサイトの作成・運営することをおすすめします。もちろんAmazonやeBayなどに出品する方法でも問題ありませんが、やはり自社ECサイトがあった方がビジネスを大きくしていくうえで有利な点も多くあ[…]

 

各プラットフォームの利用料

Amazon

Amazonの場合、2パターンのシステム利用料があります。

  • 1商品を販売するにつき0.99ドル
  • 販売個数に関係なく月額39.99ドル

上記に加えて、商品が購入された際に紹介料として商品代金より5〜15%(商材により異なる)が必ず発生する費用となります。

FBAを利用するとこちらの費用も必要となります。

Amazonに関しては日本のマーケットプレイスと同じ利用料形態と思って頂いて構いません。

詳しく利用料を算出したい場合は「こちら」より、シュミレーションが可能となります。

関連記事

アメリカを拠点とする日本企業がEC事業を始めるにあたっては、いくつかの方法があります。中でも、Amazon USでの販売はぜひ検討したい重要な選択肢です。今回の記事では、Amazon USについての基礎知識から販売開始に向けての手順[…]

日本企業のためのAmazon USの始め方

 

Walmart

WalmartではAmazonのようなシステム利用料はありません。

商品が購入された際に発生する紹介料が利用料として必要となります。

こちらもAmazon同様に、商材により紹介料のパーセンテージが異なり8〜20%の費用が紹介料としてWalmartへ支払う必要があります。

各商材の紹介料は「こちら」よりご確認頂けます。

ひとつ注意が必要な事がWalmartではフルフィルメントサービスがないので、配送、カスタマーサービス、返品・交換などを自社で行う必要があるということです。

配送のコスト、カスタマーサービスのコストなどを自社で見積もり、準備を行う必要があります。

 

eBay

eBayはWalmartと同じよう、一定のシステム利用料は必要ありませんが、商品が購入された際に紹介料を払う必要があります。

こちらもカテゴリごとにパーセンテージが異なりますが、一定の以上の売上があった場合は、月全体の売上より定められたパーセンテージを支払う仕様へと変更されます。

各商材の紹介料と売上によるパーセンテージは「こちら」よりご確認頂けます。

また商材に限らず1商品の販売につき0.30ドルの費用が加算されます。

eBayの場合、250商品までの出品であれば一定のシステム利用料は必要ありませんが、250商品以上を出品する場合は1商品あたり0.30ドルのコストが必要となります。

250商品以上の商品を出品する場合は、eBayストアというサブスクリプションプランに加入することをおすすめします。

eBayストアに加入するとサポートや無料リスティング、マーケティングツール利用が可能となり、より売上を伸ばすチャンスを掴むことができるでしょう。

eBayストアのプランは「こちら」よりご覧頂けます。

 

Shopify

Shopifyでは5つの料金形態で、1番安いプランは5ドルより利用が可能となります。

料金と機能については、下記の記事より詳しい内容をご覧頂けます。

関連記事

コロナ禍以降、アメリカでは以前よりも増して「オンラインショップ(ECサイト)」を利用するユーザーが増えました。以前はECサイトを利用していなかったアメリカに住む多くの人々が、その便利さに気が付きEC業界が急成長している状態です。[…]

 

オンラインアシスタント/Emily

これまでアメリカのECプラットフォームに関してご紹介してきましたが、情報が多く各プラットフォームに関しての勉強が必須となります。

  • どのプラットフォームを利用するか
  • どのように商品の販売を開始すると良いのか
  • 商品の紹介料や配送料などのコストを考慮した商品価格の設定
  • 商品登録やカスタマーサービスの人員確保
  • 配送業者の選定(AmazonでFBAを利用した際のみ不必要)

このように考えることが山積みとなる事でしょう。

そんな時におすすめなのが、アメリカで主流となっているオンラインシスタントを利用して、EC事業のサポートをお願いすることです。

一言でまとめると「アメリカのEC事業を業務委託」するのです。

アメリカという未知の市場でECを運営することは、非常に骨の折れる作業です。

 

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日米バイリンガルが在籍しており、実際にアメリカに住んでいることからアメリカの市場にも詳しく、EC事業を専門とするアシスタントが数多く所属しています。

EC事業ローンチのサポートを行ったり、既存のEC事業のテコ入れを行ったり、カスタマーサービスや商品登録のみを担ったりと、様々な需要に対応できるオンラインアシスタントサービスなので、アメリカのEC事業を理想の形へと導くサポートが可能です。

アメリカEC事業でお困りの場合、気軽に相談をするというスタンスで利用できるサービスです。

まとめ

アメリカでEC事業を行う際にどのプラットフォームを利用すれば良いかお困りの場合、この記事で紹介した「Amazon」「Walmart」「eBay」「Shopify」を活用すれば良いでしょう。

各プラットフォーム毎に特徴が異なりますので、使用料やシステムなど自社に合うものを選択し、アメリカのEC市場に進出しましょう。

まだまだ成長を遂げると予想されるアメリカのEC市場なので、このチャンスを掴みアメリカでのビジネスを成功へと導く方法として、ぜひEC事業を取り入れましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG