アメリカでオンライン(バーチャル)アシスタントを利用するメリット

日本企業がアメリでビジネスの成功を収めるためには、アメリカ現地の適切な知識やスキルを持った人材と仕事を行うことが必須となりますが、アメリカで優秀な人材を採用することは非常に難しいとされています。

そこで近年注目されているのが、「オンラインアシスタント」です。(※アメリカではバーチャルアシスタントと呼ばれています。)

オンラインアシスタントであれば業務委託という形式なので、自社でアメリカ現地の社員を採用するよりもコストを抑えることができます。

またアメリカでは社員を雇う場合、保険などのような福利厚生のコストが日本より高いので、オンラインアシスタントを利用するとその費用も必要ありません。

フレキシブルで上質なサポートを提供しているアシスタントサービスを利用し、プロジェクト単位や、繁忙期・閑散期により適任な人材を適切な人数からサポートしてもらうことが重要となります。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

本記事では、アメリカでオンラインアシスタントを利用するメリットについて、紹介していきます。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

時間節約や作業の効率化、生産性の向上

日本企業が海外事業を始める際、少人数チームでビジネスをスタートさせるというケースが多いかと思います。

一人当たりで抱えきれないほど多くのタスクをこなす事態が発生し、オーバーワークを強いられる担当者も多くいることが問題となっています。

オンラインアシスタントのサポートを受けることによって、より大きなビジネス目標の達成に向けたコア業務に集中することができます。

特に時間がかかる決められたルーティン作業は、オンラインアシスタントに任せるのが効率的だと言えるでしょう。

オンラインアシスタントを導入することにより、自社事業をよりスピーディーに前進させることができます。

自社社員は、事業戦略、年間予算、製品開発など、事業の根幹に関わるマクロな意思決定に集中することができ、描いたビジネスビジョンに向けてより生産的な仕事に力を入れることができるようになるでしょう。

関連記事

グローバル化の進展に伴い国境によるビジネスの制約はなくなり、どの業界においても競争は激化しています。そこで重要となるのが海外進出、海外拠点の立ち上げですが、これらのステップを乗り越えるためにはどのような課題点があるかをご存じでしょうか。今回[…]

確実な人材確保と運営コストの削減

アメリカで正規社員を雇用するには、日本と比べて倍またはそれ以上のコストが必要となります。

毎月の給与が日本の平均よりも高くなる以外にも、医療保険やその他の福利厚生、労災、有給休暇や病欠、オフィススペースや備品など、ランニングコストが必要となるケースが一般的です。

オンラインアシスタントであれば、日本と比べてはるかに高額な給与や上記のベネフィットを用意する必要はありません。

またその分野の経験を持ったオンラインアシスタントにサポートを依頼することで、研修やトレーニングなど自社での人材育成を行う必要がなくなります。オンラインアシスタントは、より即戦力に近い形ですぐに活躍してくれることが期待できます。

アメリカで社員を新規採用し育成するのに比べ、遥かに高い費用対効果を期待することができるでしょう。

関連記事

アメリカでビジネスを行なっていると、人材雇用の問題で頭を抱える状況がよくあるでしょう。日本企業がアメリカで現地雇用する場合に、仕事に対する姿勢や働き方が日本企業の基準に合う人材を探すよう、現場やマネジメント層から求められる状況が多く[…]

アメリカのオンラインアシスタント

リーチの拡大

オンラインアシスタントは、一般的な事務業務や秘書業務サポートだけに限りません。

日本企業がアメリカで事業を成長させるために行うリーチの拡大は必須です。

アメリカ市場に合わせたマーケティング施策の提案や実施サポートなど、アメリカでのマーケティング経験・知識のあるアシスタントに依頼することもできます。

特にアメリカ進出したばかりの場合、予算が少なく本格的なマーケティングチームを立ち上げる余裕がない企業も多いようです。関連スキルを持つオンラインアシスタントのサポートを受けるのが、より効率的だと言えるでしょう。

関連記事

アメリカで会社の業績をあげるために不可欠なマーケティングチーム。オンラインアシスタントを活用すれば、「人手不足でコア業務に十分な時間を投入できない」「ツールの管理に手間を取られすぎる」などの課題を解決できます。この記事では、オンラインア[…]

カスタマーサービスの向上

優れたカスタマーサービスを提供することは、全ての企業やブランドにとっても優先事項です。

ですがカスタマーサービスに関しても、先ほどお伝えしたよう低予算や人員が足りない場合、最も後回しになってしまう業務です。

日本とアメリカでは消費者の常識や要求も異なるため、カスタマーサポートのに対して求めるものも当然ながら変化します。

自社でカスタマーサポートチームを立ち上げることが難しい場合、アメリカでカスタマーサービスの知識や経験のあるアシスタントによるサポートを行なってもらうと良いでしょう。

オンラインアシスタントであれば、カスタマーサービスの立ち上げや実施のサポート、商品・サービスの改善に繋げるためのフィードバックなどをカスタマーから受け取ることも可能です。

関連記事

顧客との直接の接点が少なくなりがちなEコマースにおいて、顧客の疑問や不満の窓口となるカスタマーサポートはとても重要な業務となります。アメリカでEコマースを展開するにあたっては、アメリカ特有の事情に合わせたカスタマーサポートを整備する[…]

ワークライフバランスの向上

特に海外でビジネスをローンチ、管理・成長させるためには、圧倒的な時間的拘束や精神的ストレスを受ける場合が多くあります。

社員のワークライフバランスを無視してしまうと、結果的に社員の離職率が上がったり、モチベーションや生産性が低下することで、パフォーマンスが下がってしまい事業が停滞してしまうリスクも予想されるでしょう。

これにより新たな社員を雇用する事態となり、新規雇用者の採用コストなど想定外の費用が発生する場合があります。

アメリカのビジネスを長期的に継続し、着実に成功へと導くためには、社員のワークライフバランスの向上が非常に大切だと言えます。

アメリカではプライベートと仕事を両立させることが、最も重要と考える人々が多く、良い業務パフォーマンスを継続させるために、雇用者は従業員のワークライフバランスを保持することが必須となります。

従業員のワークライフバランスを維持するためにも、オンラインアシスタントを導入し、継続的な生産性の高いチーム編成を行い、ワークライフバランスの向上へと努めましょう。

オンラインアシスタント/Emily

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日米バイリンガルが所属しており、アメリカ現地のビジネスに精通したアシスタントが日本企業のアメリカビジネスのサポートを行います。

アメリカ進出前に行なっておきたい市場調査や現地パートナーとのマッチングや、進出後に継続的に行うべき莫大な業務のサポートなど、アメリカでビジネスを行なっているからこそ行える、きめ細やかな業務委託サービスを提供しています。

アメリカでフレキシブルな対応を行うオンラインアシスタントサービスが少ないなか、オンラインアシスタント/Emilyは、進出前のリサーチ業務、ウェブサイトの構築、各種サービスやプラットフォームの初期導入・設定といったよう単発的な業務から、EC運営、カスタマーサポート、マーケティング、年間イベント管理など、長期的な業務まで、多岐に渡る状況・ご相談に応じて、サポートを行なっております。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、人材不足や言語による人的リソースの問題、日米の働き方や仕事に対する姿勢などが異なることから業務効率の改善などの様々な課題が発生します。そんな課題を解決するために役立つサービスとして、現在注目を集めている[…]

まとめ

アメリカで採用課題を解決する為に、オンライン(バーチャル)アシスタントを活用する方法をお伝えしました。

現地で人材を雇用することは非常にハードルが高いですが、オンラインアシスタントを利用することで、適材適所なアシスタントのサポートを受けることが叶います。

オンラインアシスタントを活用し、採用や雇用のコストダウンを図り、アメリカでビジネス経験豊富な即戦力のあるアシスタントへと業務を担ってもらいましょう。

関連記事

2023年に100周年を迎えた「タイガー魔法瓶株式会社」様。その米国法人であるTiger Corporation U.S.A.のロサンゼルス本社を拠点にご活躍されているManager of Sales Operations and […]

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG