Amazonグローバルセリングでよくある間違いとその対策7選

Amazonグローバルセリング

Amazonではグローバルセリングを用いて、比較的簡単に自国のビジネスをアメリカ市場へと拡大することができます。

ですが、グローバルセリングでAmazon USに出品する際に気を付けなければならないのが、言語をはじめとする商品ページに記載されている内容や表現がアメリカ向きににうまく翻訳・意訳できていない場合です。

明らかに自動翻訳が翻訳したような不自然な英語であったり、日本語では普通の表現でも直接的な英語に翻訳された場合、悪い意味や下品な意味に捉えられられる可能性も多々あり、このような表現があった場合は商品購入まで至らず機会損失なってしまうでしょう。

この記事では、Amazon USへの出品で気を付けたい翻訳のポイントや、アメリカ市場に合わせた表現などをご紹介します。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

Amazonで出品する際に正確な翻訳が重要となる理由

Amazonでは数多くの国へ越境ECが簡単に行えるグローバルセリングというサービスを提供しています。

日本のAmazonのアカウントを持っている場合、商品ページを現地の言葉や表現方法に翻訳する、各種必要な書類の取得・申請、FBAなどを用いて現地のロジスティックに商品を納品するだけで、海外で自社商品を販売することが叶います。

関連記事

昨今の著しい円安の影響から外貨を取得するために、海外でビジネス展開しようと考える日本企業が急激に増えています。そんななか、比較的に参入しやすいビジネスとして注目されているのが越境ECです。以前から越境ECは人気を博していましたが、海[…]

Amazonグローバルセリング

グローバルセリングでは、比較的簡単に越境ECを運用することができるので各国の企業から非常に人気の高いサービスですが、注意が必要なのが翻訳などの現地の言葉に変更することと、ただ言語を翻訳するだけではなく、現地のユーザーにアプローチできる表現方法になっているかということです。

  • Amazonの出品者としての成功は、さまざまな海外市場の顧客に効果的にアプローチし、顧客を引き付けるかどうかにかかっています。コンピューター生成コンテンツや Google 翻訳コンテンツなどの自動化されたソリューションは便利に見えるかもしれませんが、翻訳が不十分な場合の悪影響は重大です。
  • オンラインでの買い物をするユーザーの60%以上は、コンテンツが不明確または翻訳が不十分なWebサイトから商品を購入する可能性が低くなります。
  • ぎこちない言葉遣いの翻訳によって売上が損なわれないようにしてください。企業は言語の壁により潜在顧客の約20%を失い、大幅な収益損失につながると推定されています。

  • 専門家による翻訳の場合、自社商品を高品質の製品として位置づけることができ、コンバージョンが最大30%増加する可能性を最大限に活用しましょう。

出典:Margin business

この記事によると言語的障壁によっておよそ20%の潜在顧客を失い、大幅な収益損失に繋がると報告されています。

また60%以上のオンライン消費者は分かりづらかったり、変な翻訳がされていたり、不明確なコンテンツだった場合、商品を購入する可能性が非常に低くなると記載されています。

よくある翻訳・表現の間違い対策7選

①自動翻訳に頼らない

機械による自動翻訳は日本語を英語へと容易に翻訳できるので、迅速かつ低コストの方法のように思えるかもしれませんが、自動翻訳を用いた英語が正確なものであると鵜呑みにしてはなりません。

自動翻訳の場合、重要な商品説明の文章の細かなニュアンスがうまく英語へと翻訳することが難しく、日本語から英語へとただ文字通りに翻訳し、本来伝えたいであろうメッセージの文脈を理解していません。たったひとつの単語が誤って翻訳されるだけで、文章の意味が完全に変わってしまう場合があります。

翻訳した英語が不完全だったり、誤った表現だった場合、商品の品質自体に懸念を抱くことになります。また、自動翻訳された文章はロボットのように感じてしまう傾向があります。

このようなことを回避するために、英語を母国語としアメリカ現地に在住する人物が文章やコンテンツを翻訳することが非常に大切だと考えられます。

アメリカのユーザーたちが使用する英語表現を理解し、ターゲットとする市場に相応しい正確な内容のコンテンツ・文章を作成して、ユーザーが安心して商品を購入できるようにしましょう。

②コンテンツを現地に合わせた内容へと変更する

コンテンツをアメリカ市場にあった内容に翻訳することは、Amazon USでのビジネス拡大を成功させる上で重要な側面だと言えます。

現地に合わせた内容にすることで、アメリカ在住のユーザーから興味を引き付けることが叶い、英語文の正確性と文化的な表現を織り交ぜることで、より信頼性の高い商品ページを作成することが可能となります。

アメリカの文化的な背景を理解するということは、アメリカで使用される独特なフレーズや、時にはジョークやユーモアなどを含み、コンテンツ内容ががアメリカの文化的に配慮されており、適切である必要があります。

下記はAmazon USでアメリカ版のコンテンツを効果的なものにするためのポイントです。

  1. アメリカ形式の数字:アメリカでは、測定、日付形式、通貨記号が日本と異なります。
  2. 画像:アメリカの文化や好みに合わせた画像を使用しましょう。モデルを利用する場合そのターゲット層に近い人物を起用したり、撮影は実際にアメリカで商品を利用する際に想像できやすい場所にするなど、視覚的にアメリカで利用するイメージを表現しましょう。
  3. 機能と利点:アメリカ市場に関連した商品の機能と利点を強調したコンテンツを作成しましょう。
  4. レビュー:日本で得たレビューをコンテンツとして紹介する場合、アメリカ市場にあった内容に翻訳してアメリカのユーザーが分かりやすい英文レビューを作成しましょう。実際に日本のカスタマーから得た肯定的なレビューはアメリカ現地でも信頼性を高めます。
  5. カスタマー サポート:正しい英語表現でのカスタマー サポートを提供する必要があります。

③ターゲットとなるユーザーについて理解する

ベストなマーケティングのプランは、注意深くアメリカ市場をセグメントすることから始まります。市場調査によりアメリカのユーザーの好み、行動、ニーズが明らかに対象となるユーザーの理解を深めましょう。

競合他社や類似商品を調査し、市場の傾向とユーザーの期待を洞察し、競合他社・類似商品のどのような点が優れているのか、なぜその商品が売れているかという理由​​を特定します。市場調査で得たユーザーからのフィードバックやレビューを参考に、商品ページの改善や商品自体のアップデートを計画しましょう。

④現地の言語でのキーワード検索結果を活用する

Amazon USで商品を出品する際、最適化・可視性を高めるには、英語で検索キーワードの調査を実施することが必要不可欠となります。

英語のキーワード調査を成功させるために、次の9つの項目をチェックしましょう。

  1. ターゲット市場を特定:日本とアメリカでは言語と検索動作が異なるので、検索キーワードの調査が必須です。
  2. 外部キーワード検索ツール:多数のキーワード検索ツールが存在しますがHelium 10がAmazon USの場合、効果的な外部ツールだと言われています。Helium 10は必要なすべてのツールをひとつのプラットフォームに統合、Amazon USのマーケットプレイスで効率的なキーワード調査が可能となります。
  3. 日米バイリンガルの翻訳者:Amazonが提供する自動翻訳では、キーワードの本質をすべて捉えているわけではありません。地域ごとの方言、スラング、文化的なニュアンスはキーワードの選択に大きく影響します。これらの複雑な点をより良く理解するには、英語のネイティブスピーカーによる翻訳が非常に効果的です。
  4. 他社競合・類似商品:競合他社や類似商品の分析を行い、英語でのトレンド、キーワードに関する貴重な洞察を探りましょう。
  5. ロングテールキーワードの利用:日本とアメリカではキーワード検索方法が異なり、アメリカでは単語単体で商品検索を行わず、文章として検索する場合が多いのです。ですので、ロングテールキーワードを意識した商品タイトルや商品説明文を作成することで、検索キーワードの強化を図ることが叶います。
  6. 関連用語:同義語、バリエーション、関連用語を含めて、より広範囲の検索キーワードを意識し、商品ページ、タイトルに織り交ぜましょう。
  7. 検索ボリューム:検索ボリュームの多いキーワードと少ないキーワードを混在させましょう。そうすることで検索ボリュームの多いキーワードは競争力がある可能性が高く、検索ボリュームの少ないキーワードはニッチなユーザーを惹きつける可能性があります。
  8. 定期的な更新:検索キーワードの流行は時間が経つと変化する可能性があり、変化する検索行動と市場のトレンドに基づきキーワードを更新しましょう。
  9. A/B テストの使用:検索キーワードが商品のパフォーマンスにどのような影響を与えるかを追跡します。結果に基づいた検索キーワードを継続的に更新する必要があります。

検索キーワードの調査は継続的なプロセスとなります。目標はリアルタイムのデータとユーザーの行動に基づいてコンテンツを継続的に最適化することです。

関連記事

アメリカAmazonでの商品販売には大きなポテンシャルがありますが、膨大な数のライバルとの競争に勝つには地道で骨の折れる努力が必要です。そこで役に立つのが、強力なAmazon店舗運営支援ツールの「Helium 10」です。労力を[…]

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、WebサイトやSNSなどインターネットを介して自社商材やブランドをアピールする必要があります。インターネット上でキーワード検索を行った際に、ユーザーが求めている正しい情報が容易に検索できた場合、その情報[…]

⑤SEO対策を行う

Amazon USへ商品を出品する際にキーワードの最適化は売上を最大化するのはもちろんのこと、商品の認知度を高め、より良いショッピング体験を提供するために必要不可欠です。

Amazon USでのキーワードの最適化を図ることは、多くのメリットがありますので下記の項目を確認し、より良い検索キーワードの選定を行いましょう。

  1. 関連性の向上:検索キーワードの最適化は、Amazon USで関連する商品の検索結果に表示される可能性が高くなります。キーワードを適切に使用すると、潜在的なユーザーが必要な商品を確実に見つけ出す要因となります。
  2. クリックスルーレート(CTR)の向上:明確で魅力的かつ有益なコンテンツを含む商品は、より多くのクリックに結びつきます。
  3. 正確な商品情報:適切に最適化された検索キーワードにより、正確な商品情報がユーザーへと提供されます。ユーザーは正しい商品情報を見ることで購入の決定を行います。その結果としてコンバージョン率の向上が期待できます。
  4. 競争力:数多くの商品が羅列され混雑したAmazon USにおいて、最適化されたキーワードは競合他社・類似商品との差別化を図ることにつながります。独自のセールスポイントと商品の利点を紹介してユーザーの興味を引き付けましょう。
  5. ブランドイメージ:適切にデザインされた商品画像や商品ページ、プロフェッショナルな一貫性のあるのコンテンツは、良い商品・ブランドだというイメージをユーザーにアピールすることができます。
  6. ランキングの向上:最適化されたキーワードは、Amazon USの検索結果で上位にランクされる可能性が高くなります。
  7. ユーザーエクスペリエンスの向上:多くのユーザーはショッピングにスマートフォンを使用しています。最適化されたキーワードは、異なるデバイスであっても同じように検索結果へと反映され、その結果ショッピング体験が向上し、より良いユーザーエクスピエリエンスへと導きます。

つまり検索結果の最適化に投資することは、Amazon USでの販売者としての長期的な成長と成功に繋がる可能性が高いのです。

⑥現地の法的要件を見落とさない

Amazon USに出店する場合、Amazon USのポリシーに従い、アメリカ現地の規制を十分に理解しましょう。遵守しない場合、アカウントの停止、法的問題、評判の低下に繋がる可能性が十分に考えられます。考慮すべき法的要件のチェックリストは次のとおりです。

  1. Amazon USのポリシー確認:Amazon USの販売者ポリシー、利用規約、ガイドラインを理解しましょう。
  2. 規制と基準:商品の安全性、ラベル表示、各種必要な認証を確認・管理しましょう。
  3. 輸入規制を調査する:アメリカの輸入規制、関税、関税要件を把握し、スムーズな通関のために、商品には正しいラベルを貼り、文書化する必要があります。
  4. 消費者保護法:この法律には、保証、返品ポリシー、ユーザーの権利が含まれます。商品リストと顧客サービスはAmazon USが提供しているルールに従う必要があります。
  5. 包装とラベル梱包材など各地域の基準を満たしたものとし、適切なリサイクル情報を表示する必要があります。商品ラベルは地域の情報ガイドラインを満たしているものを作成しましょう。

ここでご紹介した項目は法的な落とし穴のほんの一部です。必要に応じて専門家に法的アドバイスを求めることが最良だと言えます。

⑦出品後のアップデートを怠らない

アメリカ市場のトレンドや好まれていることについて、常に最新情報を入手するように心がけましょう。

トレンドは日々目まぐるしく進化します。ユーザーの行動変化を定期的に追跡し、コンテンツ・商品ページ情報・商品タイトルを調整します。Amazon USの出品は、関連性を保つために市場のトレンドを反映している必要があります。

ユーザーからのフィードバックやレビューに随時適応し、競合他社・類似商品の戦略に対処することで、ブランドのイメージを確固たるものとし、知名度を高め、リスティングを最適化して検索パフォーマンスを向上させることができます。

アメリカ市場を追跡する場合、在庫管理にも目をやり、応答性の高い価格設定を維持、優れたサービスを提供し、このような継続的な取り組みにより売上と利益の増加を期待しましょう。

オンラインアシスタント/Emily

オンラインアシスタント/Emilyでは、日本語から英語への翻訳はもちろんのこと、Amazon USの出品サポートや改善策のご提案、アメリカ現地のターゲット層を理解するための市場調査や各種リサーチ、分析のサポートなど、アメリカ在住の日米バイリンガルのアシスタントによるサポートを提供しています。

Amazonグローバルセリングなど英語圏を対象に自社商品を販売したい日本企業で、売上アップのためにAmazon USのページを改善したいとお考えの場合、オンラインアシスタント/Emilyであれば、低予算からサービスの利用を開始できるフレキシブルなオンラインアシスタントによるサポートを提供しています。

またAmaozn USに限らず、ECサイトの運用、各種リサーチ・分析、カスタマーサポートなど幅広い内容のサポートを行なっております。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

Emilyオンラインアシスタント

まとめ

Amazon USへの出品で気を付けたい翻訳のポイントや、アメリカ市場に合わせた表現などをご紹介しました。

作業や確認事項が多く難しく考えてしまいがちですが、ひとつひとつ確実にクリアしていくことでアメリカでも十分に売上を獲得できる商品へと成長させることができます。

自社で作業が難しい、人的リソース不足、言語の問題などがある場合、オンラインアシスタントを上手く活用し、Amazon USで確実な売上を獲得しましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG