複数の販売チャネルがある場合に便利なFBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)とは

FBAマルチチャネルフルフィルメント

アメリカでEC事業を運営している場合、Amazon USへの出品は売上獲得だけには留まらず、企業やブランド、商品の信頼度の向上にも繋がるので、必ず出品して頂きたいプラットフォームです。

Amazon USでは日本同様にFBAも提供しているため、アメリカでロジスティックを探したり、別途個別に契約する必要はありません。

さらにAmazon US以外のプラットフォームからの注文であってもFBA倉庫から商品を出荷し、カスタマーの元まで商品を届けてくれるサービス「FBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)」を利用することでロジスティックの一元化も叶います。

この記事では「FBAマルチチャネルフルフィルメント(以下:MCF)」についてご紹介しています。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

FBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)とは

Amazon Multi-Channel Fulfillmentとは
引用元:https://expandly.com/amazon-fba-multi-channel-fulfilment-mcf/

FBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)は、Amazonが提供しているロジスティックで、Amazon以外のチャネルからの注文でも商品発送などの業務を担ってくれるサービスです。

MCFを利用すると出品者は在庫をAmazonのFBA倉庫に保管し、自社ECサイトやその他マーケットプレイスなど、他の販売チャネルから注文でも、ピッキング、梱包、在庫保管、発送などをAmazonに一任することが可能となります。

FBAとMCFの違い

FBA同様にMCFも注文のピッキング、梱包、発送、在庫保管などのロジスティック関連をAmazonへ業務委託することができます。

主な違いはFBAはAmazonで販売される商品のみが対象となり、MCFはAmazon以外からのすべての注文が対象となります。MCFはFBAを利用していない場合でも利用することができ、Amazonへ出品していなくても利用することが可能なサービスです。

MCFを利用することで自社ECサイトや、Walmart Marketplace、eBayなどのチャネルに出品した場合でも、Amazonが商品発送などのロジスティック関連業務を担ってくれます。

とはいえMCFはAmazonの支配下のため、Amaoznプライムデーや、ブラックフライデー&サイバーマンデー、ホリデーシーズンなど、注文が莫大に増加した場合はFBAの注文が常に最優先されます。

関連記事

毎年恒例となっている「Amazonプライムデー」ですが、売上を大きく伸ばすセールであるため2023年も開催が決定しました。2023年の開催は7月11日(火)〜12日(水)です。この記事では、Amazon USへ出店をされてい[…]

Amazon Prime Dayで売り上げを伸ばすために

MCFのポイント

  • Amazon以外で販売する商品でもFBAのようなサービスを受けることが可能
  • 在庫の一元管理、AmazonとAmazon 以外のチャネル間のフルフィルメント合理化
  • Amazonで商品を販売する必要はないがセラーセントラルアカウントが必要
  • 梱包資材はAmazonのロゴがプリントされていない無地に指定することが可能

MCFの利用料金

FBAとMCFでは利用料金、手数料、商品到着までの日数が異なります。

MCFの料金形態は商品の大きさや重さ、注文数、配送スピードにより算出されます。

詳しい金額はこちらをご覧下さい。

MCFの特徴

出典:Amazon

自社が保有するECサイトや、Walmart Marketplace、eBayなどのオンラインショッピングのプラットフォーム、InstagramやFacebook、TikTokなどのSNSを介したオンラインショッピングからカスタマーが商品を購入すると、Amazonのフルフィルメントに伝達されます。

その後、Amazonが商品のピッキング、梱包、出荷を行いカスタマーの元へ自社商品を届けてくれます。

MCFで返品リクエストがあった場合、FBAとは異なり自社で対応する必要があります。

返品商品を自社の倉庫で受け取る(自社倉庫がある場合)、FBA倉庫で受け取るかを選択します。商品をFBAに返送する利点は、商品を再出品するための検品や再梱包をAmazonがサポートしてくれることです。

ただ賞味期限が短い商品や、再販売可能か不可能かの状態の判断が難しい場合はFBA倉庫への返送ではなく、直接自社へ返送してもらう方が良いでしょう。

FBA倉庫へ返品する場合、セラーセントラル内から商品返品承認(RMA)フォームを生成します。返送料はカスタマーもしくは販売者の負担となります。

またMCFの場合、商品代金はもともとAmazon以外のプラットフォームから得ているので、販売者自身でカスタマーに商品代金を返金しいなければなりません。

現在のAmazonではMCFの注文に関して、問い合わせや交換リクエストなどのカスタマー サービスの提供は行なっていないので、自社でのカスタマーサポートの設置が必須となります。

MCFの仕組み

①在庫をAmazon FBA倉庫に納品

商品をAmazonに発送するとフルフィルメントセンターで保管されます。

②サードパーティーからの注文

カスタマーが自社ECサイトや、オンラインショッピングのマーケットプレイス、SNS経由でのショッピングなど、Amazon以外のチャネルからの注文を受け取ります。

③受注処理

カスタマーからの注文がMCFに転送されると、Amazonが商品のピッキングと梱包を行い、サードパーティーで購入したカスタマーへ発送します。

④商品の発送

MCFの場合、商品の発送までに2営業日、3営業日、5営業日以内から選択することができ、発送に要する日数により手数料が異なります。

このように自社のロジスティックを持たない場合でも、MCFを利用することで同じ役割を果たしてくれます。

また複数のロジスティックを持つ企業の場合、ロジスティック関連をMCFに統一することで在庫管理の簡潔化が叶います。

AmazonがMCFのサービスを提供している国はアメリカ、日本、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアとなります。(2024年3月現在)

これはMCFを提供している国であれば、ロジスティック関連を気にせず越境ECを行えるということを示します。

関連記事

アメリカのAmazonで商品を販売している場合、FBAの導入を考えられている企業も多いかと思います。AmazonのフルフィルメントサービスであるFBAは、Amazonプライムを通じて迅速な配達や送料無料を提供する機能が備わっています[…]

Amazon US  FBA

オンラインアシスタント/Emily

これまでFBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)についてご紹介いたしましたが、導入や運用に不安がある場合はオンラインアシスタントを利用すれば良いでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカでビジネスを行なっている日本企業をサポートしています。

所属しているアシスタントはアメリカ在住の日米バイリンガルで、さまざまな分野で活躍するプロフェッショナルたちです。

MCFのセットアップはもちろんのこと、Webサイトの作成から商品ページの作成、翻訳、カスタマーサポート、各種マーケティング、SNS運用など多岐に渡りサポートしているので、比較的短期間でアメリカでのEC事業を開始することが可能です。

また、現在アメリカでECサイトを運営しているものの伸び悩んでいる、社員の業務過多になっている、語学や文化の壁などの問題を抱えているなどの場合には、アドバイスや改善策の提案なども行なっております。

関連記事

アメリカでビジネスを展開する日本企業の多忙な経営者や社員が、コア業務に集中できる環境づくりを追求しているオンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ特有の文化やビジネス環境を理解したバイリンガルスタッフが、現地時間で様々な業務をサポート[…]

Emilyオンラインアシスタント

まとめ

FBAマルチチャネルフルフィルメント(MCF)についてご紹介しました。

Amazonに商品を出品していない場合やFBAを利用していない場合でも、セラーセントラルのアカウントを開設するだけでロジスティクを気にせず越境ECを開始できる優秀なサービスです。もちろん現在Amazonに出品していたり、FBAを利用している場合でもMCFは利用可能です。

MCFを上手に活用してEC事業を円滑に運営し、さまざまなマーケットプレイスを増やしていきましょう。

関連記事

アメリカでECを運営する場合、Amazon USなどオンラインショッピングのプラットフォームに出品する方法とShopifyなどのツールを利用して自社ECサイトを作成する方法があります。Amazon USに出品する場合、ロジスティック[…]

FBAマルチチャネルフルフィルメントとShopifyの統合
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG