【アメリカAmazon広告】特徴や種類、料金、成功事例を一挙に紹介!

アメリカAmazon広告

アメリカでECビジネスを効果的に成長させる手段の1つがAmazon USへの出品です。

ですが、ただアメリカのAmazonへ商品の出品を行なったからといって、確実な売上を得れるわけではありません。

確実に売上を獲得したいのであれば、Amazon USでの広告運用が必須だと考えられています。

この記事ではAmazon USへ出品後に必要な広告運用に関しての概要をお伝えします。

また現在、日本のAmazonへの出品を行なっており、グローバルセリングを行いたい、行おうとしている日本企業もAmazon USで広告運用を行うことで、アメリカなど日本国外で売上を作ることが可能となりAmazonを通してアメリカなど海外進出のチャンスへを掴めるでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

Amazon 広告とは?

認知の向上

広告を出すことで、ブランドや商品を多くの人に見てもらうことができます。広告は、商品の検索結果や商品詳細ページの目立つ位置に表示されます。

売上の向上

購入者の多くは、購入を決めてからAmazonを訪れます。広告を出すと、出品されている商品に似たアイテムを探している購入者にリーチするのに役立ちます。

出典:Amazon

日本とアメリカのAmazon広告で大きな違いはありません。

準備されている広告の内容もほぼ同じなので、日本である程度のAmazon広告を熟知しているのであれば、アメリカのAmazonでも簡単に作業を行うことが可能かと思います。

ただ日本とアメリカではAmazonを利用する層や売れる商品が異なるので、リーチするターゲットをアメリカ版にブラッシュアップする必要があるということは忘れないようにしましょう。

 

Amazon広告種類と概要・料金

Amazon USでは全部で7つ広告の種類が用意されています。

自社商品の場合、どの広告がよりターゲットにリーチできるかを考えながらご覧頂けたらと思います。

1.スポンサープロダクト広告

特徴
スポンサープロダクト広告は、Amazon内で個々の商品をプロモーションするクリック課金制(CPC)の広告です。これまでに広告を掲載したことがない場合でも、わずか数分でキャンペーンを作成できます。
費用
スポンサー広告はクリック課金制(CPC)のため、広告がクリックされた場合にのみ課金されます。クリックあたりの入札額を選択し、独自の予算を設定します。

2.スポンサーブランド広告

特徴
スポンサーブランド広告は、関連性の高いAmazonの商品検索結果に表示されるクリエイティブ広告で、お客様がブランドや商品を見つけられるよう支援します。
費用
クリック課金制(CPC)広告では、お客様が広告をクリックしたときにのみ課金されます。予算を設定し、クリックの入札額を選択することで、費用を管理できます。

3.スポンサーディスプレイ広告

特徴
スポンサーディスプレイ広告は、セルフサービスのディスプレイ広告ソリューションです。Amazon内外であらゆる購入過程の購入者に働きかけることで、ビジネスやブランドの成長をサポートします。
費用
スポンサーディスプレイ広告は、CPC(クリック課金制)またはvCPM(ビューアブルインプレッション1000回あたりの費用)ベースで購入されます。最低予算は不要で、1日の入札額と予算を指定できます。いつでも好きな時に入札額を変更したり、キャンペーンを一時停止したりすることもできます。

4.ストリーミングTV広告とオンライン動画広告

特徴
ストリーミングTV広告とは、スキップすることができず、コンテンツのストリーミング前、途中、または後に表示される広告です。オンライン動画広告は、デスクトップ、モバイル、タブレットなどのデバイスにおいて、インストリームおよびアウトストリームフォーマットの両方でブラウザとアプリに表示されます。オンライン動画には、インフィード動画、記事内/インリード動画、インバナー動画、インタースティシャル動画などが含まれます。
費用
セルフサービスのAmazon DSPを利用する場合は、ご自身で動画キャンペーンを購入して管理できます。マネージドサービスのオプションを希望する場合は、広告コンサルタントと連携しての管理が可能です。通常、マネージドサービスのオプションは最低50,000米ドルの費用が必要となります。

5.音声広告

特徴
このタイプの広告は、画面を見ない時間に、ブランドがより多くのオーディエンスにリーチするのに役立ちます。音声マーケティングは、ブランドの認知度向上キャンペーンにも役立ち、オーディエンスが音楽やニュースを聴いているときなど、音声ストリーミングコンテンツの前や最中に、ブランドメッセージをプログラム的に伝えることができます。
費用
Amazon内で商品を出品していてもいなくても、すべてのビジネスが音声広告を掲載することができます。音声広告は、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブにご相談いただく必要があり、標準的な最低予算は25,000米ドルです。

6.カスタム広告ソリューション

特徴
Amazonのブランドイノベーションラボは、ブランドと強力して、マーケティングファネルのさまざまな段階で消費者に働きかけ、ブランドの認知度、検討、コンバージョンを高めるキャンペーンを作成します。ストーリーテラーとイノベーターで構成される当社のグローバルチームは、戦略家、クリエーター、デザイン技術者、エンジニアなどが活躍し、広告主様の目標に合わせてカスタマイズされたソリューションを共同で構築します。
費用
要相談

7.Amazon DSP

特徴
Amazon DSPは、Amazon内外で新規および既存のオーディエンスにリーチするために、広告をプログラマティックに購入できるデマンドサイドプラットフォームです。
費用
Amazon DSPを介した広告の価格は形式や掲載枠によって異なります。セルフサービスのお客様はキャンペーンを全て管理することができ、管理手数料はかかりません。通常、マネージドサービスのオプションは最低50,000米ドルの費用が必要となります(最低費用は国によって異なる場合があります)。

 

おすすめのAmazon広告と予算

上記でご紹介した広告で1〜3のスポンサー広告は中小企業でも低コストで開始できる内容です。

4〜7は高額な費用が必要となる為、アメリカビジネスのビギナーや中小企業向けではなく、すでにアメリカのビジネスである程度の成果を出している企業向けだと考えられるため、この記事では1〜3のスポンサー広告の予算に関してお伝えします。

Amazonの広告はオークション形式なので、広告出稿者が支払う金額は、対象のキーワードにおいて1番高い入札額を提示した人が選ばれます。例えば、最高3ドルで入札を設定し、対象キーワードの入札で2番目に高い入札者が1ドルだった場合、CPCは1.01ドルとして入札されます。Amazon が推奨するクリック単価を使うこともできますが、単価が高かったり調整が必要な場合は、自身でCPCを0.60ドル – 1.50ドルあたりで設定して運用すると良いでしょう。

Amazon USの平均的なCPCは1.21ドルと言われています。

もちろん商材や検索キーワードにより、この平均から大幅にコストがブレる場合もあります。

多くの場合、人気商品やブランド、ビッグキーワードの場合はライバルが多くなるため、CPCが高価になる傾向があります。

逆にニッチな商材やロングテールキーワードの場合、CPCが低価格になる可能性が高く、さらにカスタマーの購買意欲が強い場合が多いため、費用対効果が良いと言えるでしょう。

商材や知名度、キーワードにより状況が異なるので、実際にスポンサー広告を運営しながら自社に見合うシチュエーションを模索する必要があります。

関連記事

現在、全世界で970万人以上のセラーが各国のAmazonへ出品していると言われております。数多くのセラーが世界中のAmazonへと出品しているなか、Amazonの本拠地であるアメリカでは年間10万ドル以上の売上を得ているセラーは、ほんの[…]

Amazon KPI

 

アメリカAmazon広告の事例

Amazon USでスポンサー広告を用いて売上を増加させた事例を2社ご紹介します。

主にサプリを取り扱っているSmartyPantsは、スポンサー広告とAmazonアトリビューションを併用することで100%を超える売上増加を叶えた企業です。

Amazon Ads

How Quartile’s integration with the Amazon Attribution API h…

 

パーソナライズされた靴のインソールを製造するSuperfeetは自社でAmazon広告を管理していましたが、更なる飛躍を叶える為にe-Comasとパートナーシップを結びキーワード剪定や新たな施策を行い売上増加を叶えました。

Amazon Ads

Learn how Superfeet partnered with agency e-Comas to help op…

十分な予算や知識がなくとも、コツコツと何度もキーワード選定やテストを繰り返し、自社が求める理想の結果へと導くことがAmazon広告で売上を伸ばす秘訣だと言えるでしょう。

 

オンラインアシスタント/Emilyで代行可能

ここまでAmazon広告についてご紹介してきましたが、自社で広告運用するリソース不足や、社内に英語を話せる人がいない、アメリカの市場が分からないのでキーワード選定が難しい、グローバルセリングでアメリカを強化したいが方法が分からない、などのお悩みがある日本企業におすすめなのが、オンラインアシスタントへAmazon広告の運営を業務委託することです。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日米バイリンガルがアシスタントとして所属しております。

Amazon US広告を得意とするメンバーや、Amazon US全体をディレクション・マネジメントするメンバーもおり、アメリカAmazon出店から売上アップの施策、広告運営の代行など、ありとあらゆる業務を請け負うことが可能です。

お困り事、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

関連記事

日本企業がアメリカでのEC事業を展開する上で、まず候補に上がるのがAmazon USです。気軽に始められ、大きなセールスにつながる可能性がありますが、その分競争も激しい環境です。数多くのベンダーがいる中で消費者の心をつかむには、何が必要[…]

Amazon USで売り上げを伸ばすには?

 

まとめ

アメリカのECビジネスで確実な売上を獲得したい場合、必須だと言われているAmazon USへの出品ですが、広告運用が成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

Amazon広告を上手に活用して、アメリカでのビジネスを成功へと導きましょう。

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG