日本企業がアメリカでWEB広告運用を効率的に開始する方法とは?

アメリカWEB広告運用

アメリカでビジネスを行う際、必須として挙げられる項目が『WEB広告運用』です。

近年、アメリカ進出をする海外企業(アメリカ以外の国)が多く、日本企業もその波に乗り、アメリカでビジネス展開を行う企業が増えてきました。

日本企業がアメリカ国内企業、海外企業と肩を並べるような売上を作るにはどうしたら良いでしょうか?

それは『WEB広告運用』を上手く稼働させることです。

この記事ではアメリカで効率的に『WEB広告運用』を行う方法をご紹介しています。

関連記事

アメリカでビジネスを行う場合、マーケティングを上手く運営している企業が良い業績を残している場合が多いです。なかでもソーシャルメディア、メール、動画、オーディオなど、人々が普段から利用している媒体を利用して、オンライン上で行うコンテン[…]

アメリカでコンテンツマーケティング
オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
サービス資料のダウンロードはこちら

アメリカでのWEB広告運用

アメリカでビジネスを成長させるために、なぜ『WEB広告運用』が重要なのかと言うと、アメリカではインターネットの普及率が著しく、インターネットの利用者が国民の90%以上と非常に効果的な媒体だと言えるからです。

インターネット普及率の推移アメリカ

出典:世界経済のネタ帳

その中でも新型コロナウイルスの影響で、実店舗の休業や閉業により、オンラインシッピング市場が著しく成長しました。

通常生活に戻っているアメリカですが、オンラインショッピング市場は拡大され続けており、今後もさらに成長していくと市場だと予想されます。

米国におけるEC市場規模の図

EC 市場規模
2019 年の米国における EC 市場規模は前年比 14.9%増の 6,016.5 億USドルと推計されている。2020 年においては新型コロナウイルスの感染拡大による小売店舗閉鎖や外出禁止の広がりの影響から、急速な EC へのチャネルシフトが起こり、前年比 18.0%増の 7,097.8億USドル、EC 化率は 14.5%に達すると予想されている。2021 年には伸び率が 7.8%に落ち着き、7,651.7 億USドルの市場規模、2022 年は前年比 12.3%増の 8,592.8 億USドルに達すると見込まれている。

出典:経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業

アメリカでのWEB広告TOP3

アメリカで『WEB広告運用』を行う場合、特に抑えておきたい3大広告は「Google」「Facebook」「Amazon」です。

関連記事

国境や文化の違いを越えてアメリカで商品やサービスを売るためには、効果的なデジタル広告戦略が必要不可欠です。とはいえ、アメリカでの広告運用は日本国内とは異なる点が多く、運用のハードルが高くなってしまうのも事実です。アメリカでビ[…]

アメリカの場合だと「Google」「Facebook」「Amazon」ですが、日本の場合だとこれらに加えて「Yahoo!」「LINE」「Instagram」「楽天市場」などもあります。

日本では「LINE」での広告が特に人気ですが、アメリカで「LINE」を利用している人は、ごく僅かなのでアメリカで『WEB広告運用』を行う際に、視野に入れるべきではありません。

これだけでも日本とアメリカでの『WEB広告運用』が、いかに違うかということに気付かされます。

自社でWEB広告運用をする場合の手順

  1. WEB広告を掲載する媒体と種類を選定する
  2. WEB広告の効果が得られる予算を算出する
  3. WEB広告に必要な素材やコピーを作成する
  4. 出稿する
  5. 掲載中のWEB運用広告の分析と改善を行う
  6. 掲載終了後、効果を分析し必要に応じて改善を行う

『WEB広告運用』の手順を簡単にカテゴライズすると、上記のようなステップが必要となります。

これらを運用するためには「キャンペーンマネジャー」「コピーライター」「グラフィックデザイナー」が必要となります。

各職種のプロフェッショナルが社内に在籍している場合だと、そう大変な作業ではないかと思います。

ですが多くの日本企業の場合、全ての業務を1人が担当したり、通常業務に加えて数名が片手間に作業することが多いでしょう。

日本企業がアメリカでWEB広告運用する場合の課題

実際に日本企業がアメリカで『WEB広告運用』行おうと思っていても、課題や問題点は山積みとなることでしょう。

  • 英語が堪能ではない
  • アメリカの文化を理解していない
  • 現地のトレンドを把握できていない
  • WEB広告運用する専門チームがいない or ノウハウがない
  • アメリカ市場でWEB広告運用できる人員不足

日本とアメリカでは市場が異なるので、日本国内と全く同じように『WEB広告運用』を行なったとしても、残念ながらアメリカで同じような効果を見込めるとは限りません。

クリエイティブやターゲットごとの投稿媒体など、日本とは異なる場合が多くあります。

主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)

出典:情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

上記の表から見ても分かるように、近年日本で主流なソーシャルメディアと言えばFacebookよりも、InstagramやLINEの利用者が多く、広告運用する際も「Facebookは作業時間が取れたら。Facebookは一番後回しで。」という声をよく伺います。

先ほどお伝えしたように、アメリカでFacebookと言えば3大広告のうちのひとつです。

関連記事

アメリカ事業のマーケティングにおいて、とても重要なのがFacebook広告です。自社でキャンペーンを行なうこともできますが、より効果を上げたい場合には広告運用のアウトソーシングがおすすめです。この記事ではアメリカのFacebook広[…]

このように日本のトレンドが、アメリカでも同じだと考え『WEB広告運用』を行ったところで、効果的に収益に繋げれるとは考え難いでしょう。

では、どのように日本企業がアメリカで上手く『WEB広告運用』を行えば良いのでしょうか?

  • マーケティングエージェンシーに依頼
  • 自社で広告運用するための人材を育成 or 雇用
  • 現地のオンラインアシスタントにサポート依頼

上記のような項目が当てはまるかと思います。

マーケティングエージェンシーへの依頼は莫大なコストが必要となり、自社で人材育成や新規雇用はリスクが高いと言えます。

そこで注目したいのが『オンラインアシスタント』です。

関連記事

アメリカでビジネスをする際、特に懸念される点として「人的リソース・業務の効率化や、日々作業のルーティン化」などが挙げられます。人材をリクルートすることは会社にとってリスクが高く、慢性的な人材不足に悩むアメリカの企業が多いことから「バ[…]

オンラインアシスタントに広告運用のサポート依頼

現在アメリカで主流となりつつある『オンラインアシスタント』を上手に活用して、現地に住むバイリンガルに『WEB広告運用』をサポートしてもらう方法が最適だと考えられます。

  • 自社で広告運用を行いたいけれども知識がない、人材不足である。
  • アメリカの広告運用に詳しい経験豊富な人材のサポートがほしい。
  • 戦略や広告クリエイティブは社内で作っているが、運用・レポートを行える人材がいない。
  • 運用やレポートは行えるが、クリエイティブなどを作成できるデザイナーがいない。

というような悩みを持つ日本企業には『オンラインアシスタント』が最高のパートナーとなることでしょう。

オンラインアシスタント/Emilyでは、アメリカ在住の日米バイリンガルのアシスタントが業務のサポートを行っております。

オンラインアシスタントに業務委託することで、コストを抑えながらも、自社で不足している業務項目のサポートを受けることが可能となります。

関連記事

アメリカで会社の業績をあげるために不可欠なマーケティングチーム。オンラインアシスタントを活用すれば、「人手不足でコア業務に十分な時間を投入できない」「ツールの管理に手間を取られすぎる」などの課題を解決できます。この記事では、オンラインア[…]

まとめ

アメリカで『WEB広告運用』を効率的に開始する方法をお伝えしました。

日本と同様にアメリカでも『WEB広告運用』はビジネスを加速させるために、最も効果的な手段の一つとなります。

自社で運用が難しい場合、経験豊富なオンラインアシスタントのサポートを得て、アメリカでの『WEB広告運用』を成功へと導きましょう!

オンラインアシスタント/Emilyではアメリカ事業に欠かせない業務を幅広くサポートしています。
アメリカ事業の立ち上げやリソース課題などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス資料のダウンロードはこちら

米国オンラインアシスタント

>Our Solution

Our Solution

「Assist」というアプローチから実現する新時代のソリューション。様々な業務を抱えてしまうと、本来対応すべきコア業務に 集中できず、事業成⻑が鈍化しかねません。Emily Assistantは大事な業務に集中して頂ける環境づくりをご提供します。

CTR IMG